タイトル等
横浜美術館コレクション展
会場
横浜美術館
会期
2012-04-07~2012-06-24
概要
横浜美術館は1982年(昭和57)開館準備室以来、1859年(安政6)の横浜開港以降の日本と西洋の近・現代美術及び写真に焦点を当て、東西美術の影響を辿れる作品、横浜にゆかりのある岡倉天心(おかくら・てんしん)や原富太郎(はら・とみたろう/原三溪)と関わりの深い作家の作品など、体系的に作品を収集しています。その数は既に1万点に及んでいます。
2012年度は、企画展との連携や特別展示など、横浜美術館のコレクションの魅力を更に多角的に伝えてゆきます。
今回は、マックス・エルンスト展に合わせ、エルンストに関わりのあった写真家を中心とした写真作品を特集展示いたしました。
また藤田嗣治(ふじた・つぐはる)《腕を上げた裸婦》や吉田博(よしだ・ひろし)《冬木立》など2011年度の新収蔵品の展示のほか、2010年度収蔵の中平卓馬(なかひら・たくま)の写真作品全89点を一挙にご紹介します。
横浜美術館が誇るシュルレアリスムの作品や、季節を映し出す日本画なども併せてお楽しみいただければ幸いです。
横浜美術館コレクションの保存・展示をご支援していただくコレクション・フレンズでは、今年度8点が対象作品です。そのうち4点を今会期に展示しておりますので、ご支援いただく作品をゆっくりご鑑賞いただきたいと思います。
作品をご寄贈いただきました篤志家の皆様はじめ、横浜美術館コレクションの充実にご尽力いただきました皆様にあらためて御礼申し上げます。

横浜美術館
館長 逢坂恵理子
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2012/collection01/
会場住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
交通案内
1. 電車
みなとみらい線 (東急東横線直通) 「みなとみらい」駅 <3番出口>から、マークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由 徒歩3分、または<マークイズ連絡口>(10時~)から徒歩5分。
JR (京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から<動く歩道>を利用、徒歩10分。

2. バス
桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。

3. 車
桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り、美術館へ。
横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。
いずれも3~5分 (首都高「みなとみらい出入口」も利用できます)。

4. 自転車・自動二輪車
横浜美術館には自転車・バイクの駐輪場がございません。周辺の有料駐輪場をご利用ください。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索