タイトル等
ファン・ゴッホ《農婦》と近代日本絵画展
会場
ウッドワン美術館
マイセン館 本館
会期
2012-03-24~2012-06-10
※マイセン館のみ下記日程で展示内容が変わります。
前 期:ファン・ゴッホ《農婦》と農民画~農民に寄せる想い~
3月24日(土)~5月6日(日)
後 期:ファン・ゴッホ《農婦》と近代日本洋画展
5月8日(火)~6月10日(日)
休催日
毎週月曜日(ただし、4月30日は開館)
概要
<マイセン館>ファン・ゴッホ《農場》の真相に迫る
<本館>生命賛歌~大地と人間~展

2003年2月、国内オークションに出された作者不詳の絵が、競売直前にファン・ゴッホの真作《農婦》(1884-85年)であることが判明した。この時、ファン・ゴッホ美術館により、この絵が約60年前に2度修復され、オリジナルの筆致や農婦の顔形が損なわれていることが明らかになった。

一体この《農婦》何が起こったのか?そのオリジナルの顔とは?

それから9年、現地調査や最新の科学調査(吉備国際大学との合同プロジェクト)によって明らかになった《農婦》の真実の顔を、ここに紹介する。

マイセン館では、《農婦》の調査研究発表とあわせて、展覧会前期(3月24日~5月6日)において、国内で所蔵される貴重なファン・ゴッホの初期作品(油彩画2点)と、彼が多大な影響を受けたジャン=フランソワ・ミレーの農民画(版画2点、パステル画1点)を展覧し、ファン・ゴッホがいかに労働者を崇高な対象として画布にとどめようとしたのか、その宗教感や自然感に迫る。

また展覧会後期(5月8日~6月10日)には、ファン・ゴッホが1910年以降の日本洋画界に幅広い影響を与えた痕跡を、岸田劉生や前田寛治、中村彝、中川一政らの作品に探る。

あわせて本館では、「生命讃歌~大地と人間~展」を同時開催し、藤田嗣治の大壁画《大地》をはじめ、偉大なる大地の上で繰り広げられる人間の営み-労働や憩い、祈りなど-を描いた近代日本絵画約50点を紹介する。
イベント情報
学芸員による作品解説学芸員による作品解説
4月22日(日)、5月20日(日)、6月9日(土) 各14:00~(30分程度)
※定員なし ※参加無料(要入館チケット)

イベント

ゲスト座談会 [要申込]
4月15日(日)14:00~(1時間程度)

五感で楽しむスープコンサート
4月29日(日)11:00~(1時間程度)
展示替え情報
※マイセン館のみ下記日程で展示内容が変わります。
前 期:ファン・ゴッホ《農婦》と農民画~農民に寄せる想い~
3月24日(土)~5月6日(日)
後 期:ファン・ゴッホ《農婦》と近代日本洋画展
5月8日(火)~6月10日(日)
ホームページ
http://www.woodone-museum.jp/Exhibition_now.html
会場住所
〒738-0301
広島県廿日市市吉和4278
交通案内
○公共交通機関

広電バス(JR宮内串戸駅から80分程度)

石見交通(広島駅北口から90分) +吉和SAからの送迎10分
※石見交通をご利用で、「吉和S.A.」バス停からの送迎をご希望の方は、3日前までに美術館にご連絡下さい。
(TEL:0829-40-3001) 完全予約制
[ご注意] 吉和SA~美術館はタクシー・バスはございません。

○お車
中国自動車道 吉和I.Cから 約2km
ホームページ
http://www.woodone-museum.jp/
広島県廿日市市吉和4278
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索