タイトル等
所蔵作品展
花咲く工芸
会場
東京国立近代美術館工芸館
会期
2013-02-19~2013-05-06
前期 2月19日(火)~4月14日(日)、後期 4月16日(火)~5月6日(月・祝)
休催日
月曜日(ただし、3月25日、4月1日、8日、29日、5月6日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は閉館30分前まで
観覧料
一般200円(100円) 大学生70円(40円)
*( )は20名以上の団体料金。
*いずれも消費税込。
*高校生以下および18歳未満、65歳以上、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズ、障害者手帳等をお持ちの方とその付添者(原則1名)は無料。
*入館の際、学生証、運転免許証等年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。

無料観覧日:3月3日(日)、4月7日(日)、5月5日(日・祝)
主催者
東京国立近代美術館
概要
花は、工芸の中でも、もっともポピュラーで、表現の幅が広いテーマのひとつです。写生を通して自然観察と真剣に取り組み、また過去から伝わる図案を研究して、自ら納得する美を追い求める作家も少なくありません。彼らは花の華やかさや優雅な形、そしてわずかな期間だけしか見ることができない、はかない美しさ、あるいは自然がはぐくんだ生命力に魅了され、その眼と心がとらえた花のイメージを、工芸ならではの豊かな素材と技法を駆使して表現してきました。植物学的にはたとえ同じモチーフであっても作家によって切り口は多種多様です。また花瓶や皿、鉢や着物など、形態やそれぞれに期待される機能によってもアプローチは異なります。こうした作家たちの試みによって、私たちは工芸の美とともに花々の新鮮な姿に驚かされるのです。
本展は、陶磁や染織、漆工、金工、木工、ガラス、人形、デザインなど、3000点をこえる所蔵作品の中から花を主題にした名品約150点を選び、「春」「夏」「秋」「冬」の四季のうつろいにあわせて会場を構成いたします。工芸館は、桜の名所・千鳥ヶ淵からもほど近く、春の散策にぴったりのロケーションです。咲き誇る桜や、北の丸公園の豊かな緑にかこまれた工芸館の景色とともに、工芸の名品をお楽しみください。
イベント情報
・ギャラリートーク
2月24日(日)、3月17日(日) 午後2時から(約1時間)
当館研究員
*申込不要、参加無料(要観覧券)

・タッチ&トーク
会期中の毎週水・土曜日 午後2時から(約1時間)
工芸館ガイドスタッフ
無料で参加いただける、工芸館ガイドスタッフによる鑑賞プログラム。「さわってみようコーナー」と会場での作品解説トークの2部構成で、さまざまな角度から展覧会の見どころをご紹介します。
*申込不要、参加無料(要観覧券)
展示替え情報
※会期中、一部作品の展示替えをおこないます。詳細は当館ホームページ等でご確認ください。
前期 2月19日(火)~4月14日(日)、後期 4月16日(火)~5月6日(月・祝)
ホームページ
http://www.momat.go.jp/CG/flower2013/index.html
会場住所
〒102-0091
東京都千代田区北の丸公園1-1
交通案内
東京メトロ 東西線 竹橋駅 1b出口より 徒歩8分
東京メトロ 半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅出口2より 徒歩12分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/cg/
会場問合せ先
03-5700-8600 (ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索