タイトル等
写真の現在4
そのときの光、そのさきの風
会場
東京国立近代美術館
ギャラリー4(2階)
会期
2012-06-01~2012-07-29
休催日
月曜日(7月16日[海の日]は開館)、7月17日(火)
開催時間
午前10時~午後5時
金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般420(210)円/大学生130(70)円
*( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
*高校生以下および18歳未満、65歳以上、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポート、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。
*入館当日に限り、所蔵作品展「近代日本の美術」もご観覧いただけます。
*無料観覧日:6月3日(日)、7月1日(日)

誕生日は無料!!
開館60周年を記念して、ご自身の誕生日当日にご来館の方は無料でご観覧いただけます。
(同時開催「吉川霊華展」、所蔵作品展「近代日本の美術」も含みます。証明できるものをお持ちください)
主催者
東京国立近代美術館
概要
注目すべき中堅、若手作家の仕事から写真表現の現在地点を考えるシリーズの4回目。
1970 年代以来、日本の写真界においては、写真家たち自身が運営するギャラリーがさまざまに個性的な活動を展開してきました。近年、そうした動きは再び活発になり注目も高まっています。また写真集や、ZINEとよばれるより簡便な冊子形式の出版物からも、注目すべき仕事が次々に登場していますが、それらの多くも自主制作です。今回の展覧会では、こうした発表の手段や場も自分たちの手でつくる写真家たちの活動に注目します。

有元と村越は、現在、都内でそれぞれ仲間たちと自主ギャラリーを運営し、活発に展覧会を重ねています。本山と中村は、かつて同じ自主ギャラリーに参加することから、発表活動を始めた写真家で、自主制作のユニークな写真集でも知られています。ダゲレオタイプという最古の写真技法にとりくむ新井の作業は、イメージを定着させる感光性のある金属板を自らの手で用意するところから始まります。

彼らはもちろん写真雑誌やギャラリーなど、既存のメディアや場を通じても、作品を発表しています。またそれぞれウェブサイトやソーシャルメディアなどを作品発表や情報発信の手段として活用しています。しかし一方でその活動は、撮影から発表まで、いつもリアルで手応えのある等身大の世界とのつながりに軸足を残しているように見えます。

もともと故郷の福島の風景を撮り続けていた村越の作品がそうであるように、今回の展覧会は、「震災以後の現実」と向かい合う写真の現在という側面も持ちます。そうした状況下、日々写真を介して等身大の世界と出会い、精力的に作品を発表し続ける、5人の写真家たちの持続的な営みに、写真の現在地点を探ります。
イベント情報
出品作家によるスライドショーとトーク
6月16日(土)14:00-15:30(13:30開場)
有元伸也+本山周平+中村綾緒

7月21日(土)14:00-15:30(13:30開場)
新井卓+村越としや

[会場] 東京国立近代美術館講堂(地下1階)
*申込不要、参加無料(先着140名)
ホームページ
http://www.momat.go.jp/Honkan/PhotographyToday4/index.html
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索