タイトル等
ふしぎ!たのしい!ゲンダイトーゲイ
-親子でめぐる やきもの図鑑
会場
茨城県陶芸美術館
会期
2012-07-21~2012-09-23
休催日
月曜日。ただし、9/17(月・祝)は開館、翌18日(火)休館。
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般700[550]円/高大生500[400]円/小中生250[200]円
※[ ]内は20名以上の団体料金。
※満70歳以上の方、障害者手帳・療育手帳をお持ちの方及び付き添いの方(ただし1人につき1人まで)は無料。
※夏季休業期間を除く土曜日は高校生以下無料。
主催者
茨城県陶芸美術館
協賛・協力等
後援 NHK水戸放送局・茨城新聞社・笠間市・笠間市教育委員会
協力 国立大学法人筑波大学・滋賀県立陶芸の森
概要
コドモタチは笠間へ向かう!

本展は「むずかしい」と思われがちな現代陶芸の世界を、親子で楽しく「図鑑」のように読み解く「ゲンダイトーゲイ」の入門編です。われわれが普段目にする動物や植物、衣服などの日用品を題材にした作品や「うつわであってうつわでない」作品など78点を紹介します。6つのキーワード「動物?」「ひと?」「in myクローゼット?」「望遠鏡をのぞいた景色?」「うつわ?」「植物?」により会場内に仕掛けられた、やきものクイズに答えながら、やきもの図鑑の世界をひもとく試みです。
夏休み期間中には「観る」だけでなく、筑波大学で美術を学ぶ学生とともに実際に体験できるイベントを毎週開催いたします。筑波大学所蔵石井コレクションを活用した作品解説と作品に触れることのできる「タッチ&トーク」や実際に粘土でふしぎな動物を制作し、図鑑をつくる「ワークショップ」に親子で参加してみてはいかがでしょうか。
イベント情報
アーティストと金子賢治館長による座談会
講師 佐野はるか氏(陶芸家)、徳丸鏡子氏(陶芸家)、藤笠砂都子氏(陶芸家)、金子賢治(当館館長)
日時 平成24年9月2日(日)午後1時30分から午後3時(予定)
会場 当館1階多目的ホール(聴講無料)
定員 120名

筑波大学との連携によるワークショップ「やきもの図鑑をつくろう!」
日時 平成24年7月28日(土)午前の部10時~12時、午後の部13時~15時30分
定員 各回15名
参加費 1000円(材料費)と、当日の展覧会観覧券が必要になります。
協力 筑波大学芸術専門学群構成専攻クラフト領域所属学生、齋藤敏寿准教授
※電話またはFAXによる事前申込制(申込開始7月10日から)。詳しくはお問い合せください。

筑波大学所蔵石井コレクションの東洋陶磁を活用した「タッチ&トーク」
日時 平成24年8月4日(土)、11日(土)、18日(土)
各日ともに午後13時30分~14時30分まで(予定)
定員 各回30名(対象は小学生以上/小学4年生以下は保護者同伴)
協力 筑波大学芸術専門学群芸術学専攻所属学生、寺門臨太郎准教授
※参加には当日の観覧券が必要になります。
※電話またはFAXによる事前申込制(申込開始7月13日から)。詳しくはお問い合せください。

担当学芸員によるギャラリートーク
日時 平成24年8月25日(土)午後1時30分から
場所 地階企画展示室
※参加には当日の観覧券が必要になります。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/exhibition/h24_fushigi/index.html
会場住所
〒309-1611
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
交通案内
[電車]
・JR常磐線で上野駅~友部駅 (特急70分)
・友部駅でJR水戸線に乗り換え笠間駅(9分)下車
・笠間駅からタクシーを利用して5分
・友部駅から笠間市内観光周遊バス (料金100円 ※平成20年4月1日~)で20分

[車]
・北関東自動車道 友部インターから10分、笠間西インターから15分
・常磐自動車道 岩間インターから25分、水戸インターから30分

[高速バス]
茨城交通高速バスで秋葉原駅~やきもの通り、または笠間駅(120分)下車
※平成24年6月1日より運行、1日4便

かさま観光周遊バス
※運行日は月曜日(祝日の場合は翌日)を除く毎日です。
※乗車定員制(36名)のため、お乗りいただけないこともあります。
ホームページ
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/
茨城県笠間市笠間2345(笠間芸術の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索