タイトル等
画家達と旅する花の世界
FLOWERSCAPES フラワースケープ
会場
DIC川村記念美術館
会期
2012-04-28~2012-07-22
休催日
月曜日[4/30、7/16は開館]、7/17(火)
開催時間
9:30~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般1,200円(1,000円)、学生・65歳以上1,000円(800円)、小中学生・高校生500円(400円)
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
DIC川村記念美術館
協賛・協力等
後援_千葉県、千葉県教育委員会、佐倉市、佐倉市教育委員会、NPOバラ文化研究所
概要
いつの時代も芸術家たちは自然に向き合い、あるいは想像力を駆使して花を描いてきました。彼らが独自の視点と手法によって描いた花々は、現実とは異なるイメージの力によって私たちを魅了します。本展では花の描かれた絵画空間を「FLOWERSCAPES(フラワースケープ)」と名付け、描かれた花々に秘められた豊かな可能性を探ります。
イベント情報
講演会
5月5日(土)14:00-16:00
講師:京谷啓徳(九州大学大学院人文科学研究院 准教授)
「ボッティチェッリの描いた花々をめぐって」
花の絵画の最高傑作として名高いボッティチェリの《春(プリマヴェーラ)》。本展にも《春》にインスピレーションを受けた作品が出品されています。人々を魅了する巨匠の秘密を美術史的アプローチにより徹底解剖していただきます。
当日12:00より美術館受付で整理券配布、定員60名。
聴講無料(入館券が必要です)

アートに親しむピクニック
5月19日(土)11:00-16:00 ※雨天の場合は20日(日)に順延
ゲスト:アートテラー・とに~
美術館を抜け出して、ピクニックをしましょう。展覧会がもっと楽しくなる、とに~さんのオリジナル紙芝居を見た
り、アートの楽しみ方についておしゃべりしたりしませんか。シートとおやつを持参しての参加は大歓迎。ヘンリ一一ムーアの彫刻のある広場に、お気軽にお立ち寄りください。

キュレーターズ・トーク
6月2日(土) 14:00-16:00
「花の展覧会のつくリ方」
芦田彩葵(熊本市現代美術館)
冨田康子(横須賀美術館)
宮澤政男(Bunkamuraザ・ミュージアム)
近年話題となった花の展覧会の担当学芸員の方々をお招きし、それぞれの企画の生まれた経緯やキュレーションの秘
密などについてお話を伺います。
当日12:00より美術館受付で整理券配布、定員60名。
聴講無料(入館券が必要です)
※イベントの日時は変更になる可能性があります。事前にご確認ください。

学芸員によるギャラリートーク
4月28日(土)6月9日(土)7月7日(土)
本展担当学芸員が展覧会の解説を行います。
予約不要 14:00 エントランスホール集合

ガイドツアー
ガイドスタッフがコレクション展示と展覧会をご案内します。
予約不要 14:00 エントランスホール集合
(講演会・トーク開催日を除く毎日)

音声ガイド
展覧会とコレクションの解説が聞けます1台500円。
ホームページ
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/next.html
会場住所
〒285-8505
千葉県佐倉市坂戸631
交通案内
車でお越しの場合

東京・箱崎JCTより約50分
成田ICより約30分

東関東自動車道「佐倉IC」国道51号を千葉方面へ進み「坂戸」交差点を左折、県道22号線(八街横芝線)を八街方面へ約700m直進右手<約10分>。
無料駐車場300台。


電車+送迎バスでお越しの場合

東京駅から
JR総武快速線エアポート成田で「佐倉駅」下車 <約60分>
南口のDIC川村記念美術館バス停より無料送迎バス <約20分>
(佐倉駅からタクシー利用の場合は約3000円かかります)

京成上野駅から
京成本線特急または快特の成田方面行きで「京成佐倉駅」下車 <約60分>
南口「シロタカメラ」前より無料送迎バス <約30分>
(京成佐倉駅からタクシー利用の場合は約3500円かかります)

成田空港駅から
京成本線特急または快特で「京成佐倉駅」下車 <約30分>
南口「シロタカメラ」前より無料送迎バス <約30分>
(京成スカイライナー、JR成田エクスプレスは佐倉駅に止まりませんのでご注意ください)


東京駅発着の高速バス

東京駅八重洲北口から徒歩5分、京成バス3番のりばから
「マイタウン・ダイレクトバス」に乗車 <約60分>
ホームページ
http://kawamura-museum.dic.co.jp/
千葉県佐倉市坂戸631
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索