タイトル等
「スタジオジブリ所蔵」
メアリー・ブレア原画展
人生の選択、母のしごと。
「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを手がけ、ディズニー・スタジオで活躍した女性アーティスト
会場
新潟県立万代島美術館
会期
2012-04-28~2012-07-08
休催日
5月7日(月)、5月21日(月)、6月4日(月)、6月18日(月)
開催時間
10:00~18:00
※観覧券の販売は17:30まで
観覧料
一般/1,000円(800円)
大学・高校生/800円(600円)
中学・小学生/無料
前売券/800円(一般のみ)
※( )内は有料20名以上の団体料金 ※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料です。受付でご提示ください。
主催者
TeNYテレビ新潟他
協賛・協力等
協力:スタジオジブリ、ウォルト・ディズニー・アニメーション・リサーチライブラリー、ウォルト・ディズニー・イマジニアリング、ニュートラルコーポレーション、講談社、うさぎ出版 企画制作:吉田企画 後援:新潟市、新潟市教育委員会、読売新聞新潟支局、NCV新潟センター、エフエムラジオ新潟、FM PORT 79.0、FM KENTO、ラジオチャット、エフエム新津、エフエムしばた、燕三条エフエム放送株式会社
概要
メアリー・ブレアは、ディズニー・スタジオで活躍したアーティストです。1950年代、「シンデレラ」「ふしぎの国のアリス」「ピーター・パン」のコンセプト・アートを手掛けるなどの功績を残しました。その後フリーランスのデザイナーとなり、「わたしはとべる(I CAN FLY)」の挿絵や、今もディズニーランドで親しまれているアトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のデザインを担当し、多方面で輝かしい経歴を築きました。当時、働く女性には厳しい時代だったにも関わらず、メアリーは時に東海岸から西海岸へと飛び回り、責任ある仕事をこなしていました。そのような状況にありながら、彼女は常にやさしい母としての眼差しを忘れませんでした。メアリーの創造性は、家族との時間、子供たちへの愛情によって、より豊かになっていったのです。アーティストとして、妻として、そして母としての″しごと″をこなしたメアリー・ブレア。時を経た現代でも彼女の作品は多くのアーティストにインスピレーションを与え続けています。
本展覧会は、多数の作品の中から、スタジオジブリが所蔵する作品を中心に、母として生きたメアリーに焦点を当てています。子供たちに対する想い、そして愛情に触れることができるこの機会をぜひお楽しみください。

スタジオジブリはメアリー・ブレアのアーティストとしての才能を高く評価し、回願展を通じてご遺族との交流を深め、作品の修復・保管を目的に貴重な作品や資料を譲り受けました。本展覧会はこの所蔵作品を中心に展示いたします。
ホームページ
http://banbi.pref.niigata.lg.jp/exhibition/blair/
会場住所
〒950-0078
新潟県新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5F
交通案内
[車でお越しの方]
駐車場のご案内
※美術館では駐車場の無料券はお出ししておりません。
※朱鷺メッセC駐車場は「おもいやり駐車場」となります。

朱鷺メッセ駐車場 (A~E) お問い合わせ:025-255-1039
駐車可能台数 | 約1800台
利用料金 | 入場から1時間無料 1時間経過後30分/100円

万代島ビル内駐車場 (ビル1階及び中2階) お問い合わせ:025-249-1044
駐車可能台数 | 約200台(普通車)
利用料金 | 20分/100円

[バスでお越しの方]
・新潟駅前 (万代口)より
3番線発 朱鷺メッセ経由 佐渡汽船ゆき「朱鷺メッセ」バス停下車 (210円、約15分)

・万代シティバスセンターより
6番線発 朱鷺メッセ経由 佐渡汽船ゆき「朱鷺メッセ」バス停下車 (210円、約10分)

この他、新潟市観光循環バスもご利用いただけます。(1日乗車券のご掲示で観覧料が割引になります。)

[電車でお越しの方]
最寄駅:新潟駅 (上越新幹線、信越本線、白新線、越後線、磐越西線)

新潟駅から
・バス
新潟駅前(万代口)より 3番線発 朱鷺メッセ経由 佐渡汽船ゆき「朱鷺メッセ」バス停下車 (210円、約15分)

・徒歩
新潟駅前より 約25分

・タクシー
新潟駅前より 約5分

[信濃川ウォーターシャトル(水上バス)でお越しの方]
ふるさと村より50分、県庁前より20分です。
詳しくは信濃川ウォーターシャトルホームページをご覧ください。
ホームページ
http://banbi.pref.niigata.lg.jp/
新潟県新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索