タイトル等
こういう作品あるんです
~20年のあゆみ~
会場
石川県能登島ガラス美術館全室
会期
2011-11-12~2012-04-22
休催日
12/20(火)、12/29(木)~1/1(日)1/17(火)、2/21(火)、3/21(水)
開催時間
9時~16時30分
11月と4月は17時まで開館
*入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般(高校生以上)800円
団体(20名様以上)700円
中学生以下無料
主催者
七尾市
(財)能登島ガラス美術館振興財団
概要
石川県能登島ガラス美術館は、1991年7月に開館し、現在も日本で唯一のガラス芸術専門の公立美術館として古今東西のガラス芸術について展覧会を開催してきました。
今回、ご紹介するのは、当館が近年収蔵した作品を中心に「ガラス」という素材の可能性を追求した現代のガラスアート約50点です。
本展を通じ、絵画作品など他の芸術に比べて未だに多くを知られていないガラス芸術の表現の豊かさをご覧いただけると幸いです。
イベント情報
①のとじまガラス・スタイル「ビーズカフェ」
簡単な編み物を編んで、ビーズで飾りつけます。作った後は、ガラスの器でホットなカフェタイムを過ごしましょう。編み物初心者大歓迎です!
◆開催日 12月3日(土)、4日(日)
◆受付時間 10:00~11:30、13:30~15:00
◆参加費 500円 ※飲み物込み、別途入館料要
◆編み物講師 中谷文恵さん

②わくわくワークショップ「ほっこりガラス」
透明なおもちゃで遊べるコーナーと、ガラスの器にハンディ・ルーターで彫刻する体験コーナーがあります。小さなお子様から年配の方までどなたでも気軽にご参加下さい。
小作品は、日常使いのものからオブジェまで様々です。身近にアートに触れていただるように、ミュージアムショップ・シリカにて販売もしています。今だけ、ここだけの企画です。

③ガラスドーム2Fロビー ミニ展示
「建築家・毛綱毅曠没後10周年 石川県能登島ガラス美術館の魅力」会期中
「ガラスでクリスマス」11月~12月中旬
「ガラスでお正月」12月中旬~1月
「ガラスでお雛様」2月~3月
ホームページ
http://www.city.nanao.lg.jp/glass/exhibition_now.html
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索