タイトル等
アール・ブリュット・ジャポネ展
会場
岩手県立美術館
会期
2012-06-12~2012-09-02
休催日
月曜日(ただし7月16日、8月13日は開館)、7月17日(火)
開催時間
9:30~18:00
入館は17:30まで
観覧料
個人 (一般)800円、(高校・学生)500円、(小・中学生)300円
前売・団体 (一般)650円、(高校・学生)400円、(小・中学生)250円
主催者
岩手県立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会、テレビ岩手
協賛・協力等
●後 援/岩手県芸術文化協会、岩手県商工会議所連合会、岩手日報社、盛岡タイムス社
NHK盛岡放送局、IBC岩手放送、めんこいテレビ、岩手朝日テレビ、エフエム岩手
ラヂオもりおか、岩手ケーブルテレビジョン、マ・シェリ、情報紙 游悠
●企画協力/ボーダレス・アートミュージアム NO-MA(滋賀県社会福祉事業団)
●特別協力/日本財団 The Nippon Foundation
●協 賛/ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン
概要
「アール・ブリュット」とは、20世紀のフランスの美術家、ジャン・デュビュッフェによって生み出された言葉。「生(き)の芸術」を意味するこの言葉は、美術の専門的な教育を受けず、既存の芸術や流行にとらわれない作家たちの自由で伸びやかな表現をさすものです。強烈な色彩の重なり、点と線の密集。私たちの常識をくつがえすようなその表現は、作り手の人生に密着し、その心の内側から生まれるため、非常に個人的でありながら普遍的。文化の違いを越え、観る人の心をとらえずにはおきません。
本展は、2010年3月から翌年の1月まで、パリ市立アル・サン・ピエール美術館で開催され、大好評を博した「ART BRUT JAPONAIS」展の日本凱旋展覧会です。岩手県生まれの9名を含む、63名の作家たちが創リだす自由な発想と創るよろこびに充ちた作品の数々は、私たちに新しいものの見方を提示し、人間の根源的な創造性について考えさせてくれるでしょう。
ぜひこの機会に、個性豊かな作家たちの語る63話の物語に耳を傾けてください。
イベント情報
関連イベント

開催記念講演会
「世界にはばたく岩手県のアール・ブリュット作家たち、その作品の魅力と背景」
講師:はたよしこ氏(ボーダレス・アートミュージアム NO-MA アートディレクター)
日時:2012年6月23日(土) 14:00-15:30
場所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料です。

スペシャル・ギャラリートーク
講師:板垣崇志氏(るんびにい美術館アートディレクター)
日時:2012年8月19日(日) 14:00-15:00
場所:企画展示室
*参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示にお越しください。

学芸員講座2012「アール・ブリュットの世界」
講師:盛本直美(当館専門学芸員)
日時:2012年7月29日(日) 14:00-15:00
場所:ホール
*参加ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。参加無料です。

アート・シネマ上映会
■「日本のアウトサイダーアート 文字という快楽」(2008年、65分)
日時:2012年6月17日(日) 13:10-/15:00-
■「日本のアール・ブリュット パリに上陸するの巻」(2011年、72分)
日時:2012年7月15日(日) 13:10-/15:00-
場所:ホール
*鑑賞ご希望の方は当日直接ホールへお越しください。鑑賞無料です。

ギャラリートーク
日時:6月29日(金)、7月20日(金)、8月3日(金)、8月31日(金)
14:00-(30分程度)
場所:企画展示室
*参加ご希望の方は本展観覧券をお持ちの上、直接企画展示室にお越しください。

◎展覧会会期中は、レストラン「パティオ」にて本展関連の特別メニューをお楽しみいただけます。
ホームページ
http://www.ima.or.jp/ja/exhibition/temporary/details/603-2012_ex02.html
会場住所
〒020-0866
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
交通案内
盛岡駅 東口より
岩手県交通バス『盛南ループ200』乗車、「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール⑩番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール⑤番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から
・ 徒歩20分
・ タクシーで5分
ホームページ
http://www.ima.or.jp/
会場問合せ先
E-mail:info@ima.or.jp
岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索