タイトル等
特別展覧会
ようこそ。魔法の美術館
~みんなで楽しむ光のアート~
会場
鶴岡アートフォーラム
会期
2012-04-21~2012-05-27
休催日
月曜日
※ただし4月30日(月・祝)は開館
開催時間
10:00~19:00
入場は18:30まで
観覧料
一般500(400)円/高校・大学生300(240)円/中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
鶴岡アートフォーラム/鶴岡市教育委員会
協賛・協力等
[企画協力]株式会社ステップ・イースト
[後援]山形県/朝日新聞山形総局/河北新報社/荘内日報社/毎日新聞山形支局/山形新聞・山形放送/読売新聞東京本社山形支局/NHK山形放送局/さくらんぼテレビ/テレビユー山形/山形テレビ/エフエム山形
概要
現在活躍中のアーティストたちによる、見て、触れて、耳を澄まして、体感する現代アートを紹介します。人の動きに合わせて変化する光、光のなかに潜む影、不可思議な音や映像など、光をテーマにしたさまざまな作品は、来館者とのふれ合いによってその姿を変えていくものばかりです。これまでの鑑賞するアートとは少し違って、みなさんの参加によって思いもよらない世界が広がります。何か起こるかわからない、未知との出会いが待つ魔法の美術館は、子どもから大人まで、みんなが一緒に楽しめる展覧会です。
イベント情報
ギャラリー・ツアー
魔法の美術館の楽しみ方を分かりやすくご案内します。
[日 時]4月21日(土)、5月12日(土)、19日(土)
各回14:00~15:00
[参 加]申込み不要、会場へ直接お越しください
※入場には観覧券が必要です

特別ワークショップ・市民交流プログラム
佐藤時啓さんとつくる″光の版画″
[日 時]4月28日(土) 14:00~16:00
[講 師]佐藤時啓(写真家/東京藝術大学教授)
[対 象]小学生以上(小学3年生以下の方は保護者同伴)
※大人の方、小さなお子様連れの方もご参加いただけます
[参加料]500円
[申込み]4月4日(水)より(休館日を除く)
※館内受付にて参加料を添えてお申込みください
(受付時間 9:30~19:00/電話予約可)
定員20名(先着順)

キッズ・ウィーク 定員15組(先着順)
①みんなで体験~オリジナルグッズをつくろう~
[日 時]5月3日(木)、4日(金)、5日(土) 各回10:00~12:00
※ご自由に出入りいただけます
[対 象]3才~小学2年生のお子様とその保護者
[参加料]無料(申込み不要、会場へ直接お越しください)

②親子でワークショップ~光の箱をつくろう~
[日 時]5月6日(日) 14:00~16:00
[講 師]松村泰三(東北芸術工科大学准教授)
[対 象]小学生とその保護者 [参加料]500円
[申込み]4月4日(水)より(休館日を除く)
※館内受付にて参加料を添えてお申込みください
(受付時間 9:30~19:00/電話予約可)
ホームページ
http://www.t-artforum.net/2012_h24nendo/host/gallery/magic_of_art/index.html
会場住所
〒997-0035
山形県鶴岡市馬場町13-3
交通案内
■自動車
高速道路 = 山形自動車道・鶴岡IC より、鶴岡市役所を目指して 約10分

最寄一般駐車場
= アートフォーラム南側駐車場 (※搬入・搬出日以外利用できます) 約10台
= 鶴岡市役所駐車場 (※土・日・祝日のみ利用できます) 約150台
= 鶴岡公園中央駐車場 約50台
= 鶴岡公園南駐車場 約40台
身障者用駐車場
= エントランス東側 3台
いずれも無料でご利用いただけます。

※お車でお越しの方へのお願い
・当館の身障者用駐車場への一般車両の駐車は何卒ご遠慮下さい。
・縁石を無理に乗り越える行為、芝生など植栽の上への駐車はご遠慮下さい。
・周辺の歩道上の走行並びに歩道上への駐車は、危険且つ違法ですのでお止め下さい。

■電車
JR東京駅 →(上越新幹線)→ JR新潟駅 →(羽越本線・特急いなほ)→ JR鶴岡駅
〔所要時間 約4時間〕

■航空機
羽田空港 → 庄内空港 → 「鶴岡駅前」行きバス乗車 → JR鶴岡駅
〔所要時間 約2時間〕 ※庄内空港より車で約20分

■バス
JR鶴岡駅より「鶴岡市内廻り 2コース」「鶴岡市内廻り 4コース」「湯野浜温泉」「あつみ温泉」「油戸」行きのいずれかに乗車 → 「アートフォーラム前」または「市役所前」、「致道博物館」下車
〔所要時間 約10分〕
ホームページ
http://www.t-artforum.net/
山形県鶴岡市馬場町13-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索