タイトル等
館蔵品展
浮世絵諸国めぐり
―東海道と中山道を中心に―
会場
静岡市東海道広重美術館
会期
2012-07-18~2012-09-23
平成24年
東海道:7月18日(水)~8月19日(日) 木曽海道:8月21日(火)~9月23日(日)
休催日
毎週月曜日(但し9月17日(月・祝)は開館、翌18日(火)は休館)
開催時間
午前9時~午後5時
入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 500円(400円)・大学生・高校生 300円(240円)・中学生以下及び静岡市在住の70歳以上の方は無料
※( )は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳等をご持参の方及び介助者は無料
主催者
静岡市東海道広重美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団
協賛・協力等
[後援]静岡市教育委員会 静岡県教育委員会
概要
五街道の整備により、人々の往来が盛んになった江戸時代。江戸・京都間を結ぶ東海道と中山道(木曽街道)は旅人たちで賑いました。当時、庶民の旅は遊山(ゆさん)(観光)が認められておらず、寺社参詣などがほとんどでした。とはいえ、人々は物詣(ものもうで)を建前に道中のさまざまな名所・名物を大いに楽しんだことでしょう。同時に街道の宿場に取材した浮世絵も、土産物として江戸で人気を博していきました。
本展では、前期には版元・蔦屋吉蔵(つたやきちぞう)から出された広重の東海道、通称「蔦屋版東海道」を展示し、海・山・川と起伏に富んだ東海道を、雄大な富士山や海の景色とともにめぐります。また併せて諸国の名所を描いた「六十余州名所図会」や渦潮(うずしお)を花と見立て三枚続きの大パノラマで描いた「阿波鳴門(あわなると)之風景」等もご紹介します。後期では、渓斎英泉(けいさいえいせん)と広重が共作し、稀少作「雨の中津川」をはじめ広重の傑作「洗馬(せば)」、「大井」など優品の多い「木曽海道六拾九次之内」全71点をご覧いただきます。
浮世絵でめぐる江戸時代の旅を、ぜひお楽しみください。
イベント情報
[ギャラリートーク]
■日時 8月4日(土)、9月15日(土) いずれも午後1時30分~
■会場 当館 展示室内
■参加費 無料(入館料別途)
■参加方法 当館エントランスに直接お集まりください。
展示替え情報
作品保護のため、前期後期で作品を総入れ替えします。
ホームページ
http://www.yuihiroshige.jp/exhibition/120718/index.html
会場住所
〒421-3103
静岡県静岡市清水区由比297-1
交通案内
[JR東海道新幹線、東海道本線(在来線)をご利用の方]

□電車をご利用の方
「由比駅」下車、旧東海道を東へ直進、徒歩25分。またはタクシー5分。

□新幹線 (大阪、名古屋方面) をご利用の方
新幹線静岡駅下車、東海道本線乗り換え(約20分)、「由比駅」下車。

□新幹線 (東京、横浜方面) をご利用の方
新幹線三島駅下車、東海道本線乗り換え(約40分)、「由比駅」下車。
または、新幹線静岡駅下車、東海道本線乗り換え(約20分)、「由比駅」下車。

[お車をご利用の方]

□大阪、名古屋方面からのお越しの方
1. 東名高速道路【清水I.C.】で降り、国道1号(静清バイパス)を沼津・富士方面へ。
2. 約10km進み、寺尾交差点を左折。
3. 約500m先、歩道橋手前の二又を右折し、旧東海道(県道370号)を約2km進むと、左に由比本陣。

□東京、横浜方面からのお越しの方
1. 東名高速道路【富士I.C.】で降り、県道353号から富士見大通りへ。
2. 約3km進み、国道1号(富士由比バイパス)を静岡・清水方面へ。
3. 約9km進み、蒲原神沢付近(道路標識「由比市街」)で降り右折。踏切を渡り、信号を左折。
4. 約100m先、二又を左折し、旧東海道(県道370号)を約750m進むと、右に由比本陣。
※【富士I.C.】からの所要時間は約25分です
ホームページ
http://tokaido-hiroshige.jp/
静岡県静岡市清水区由比297-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索