タイトル等
新作インスタレーション
夢のあとに/交差する時間
土屋公雄展
会場
福井県立美術館
会期
2012-09-16~2012-10-21
休催日
9月24日[月]、10月15日[月]
開催時間
午前9時~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般800円 大高生500円 中小生300円
※30名以上の団体は2割引 ※学生割引は学生証の提示が必要です
※身体障害者手帳等所持者とその介護者1名は半額(ただし障害者手帳等に介護印のある方のみ)
主催者
福井県立美術館
協賛・協力等
共催|福井新聞社 後援|福井県教育委員会
概要
土屋公雄(つちや・きみお)は、1955年福井県生まれの彫刻家、環境アーティストです。80年代半ばから発表を始め、流木や自然木を集積するプリミティヴで神話的な作品群を経て、90年代より家屋の廃材や灰を精緻かつ大胆に構成する表現へと展開しました。一貫して「所在」「記憶」「生-死」「時間」といった、根源的なテーマが探求されています。朝倉文夫賞、現代日本彫刻展大賞を受賞し、サンパウロビエンナーレに選出されるなど、日本を代表するアーティストとして活躍。世界各地より招待され、土地や人々の記憶を刻むパブリックアートも数多く手がけ、国内では丸ビルモニュメントや、東京空襲犠牲者追悼・平和モニュメント制作でも知られています。
本展では作家の円熟期をとらえ、福井の記憶や風土も盛り込みながら、これまでの集大成を、美術館全館を使い大規模な新作インスタレーションとして展開します。
イベント情報
◎講演会 トークショー ※聴講無料
9月16日(日)午後2時~
塩田純一氏(美術評論家、新潟市美術館館長)
土屋公雄氏(アーティスト)

◎チェロコンサート ※要本展チケット
10月7日(日)午後3時~午後4時30分
花崎薫氏(チェリスト、愛知県立芸術大学准教授)

◎講演会 トークショー ※聴講無料
10月8日(月・祝)午後2時~
建畠晢氏(美術評論家、京都市立芸術大学学長)
土岡秀一氏(美術評論家、金津創作の森館長)
土屋公雄氏(アーティスト)

◎土屋公雄ギャラリートーク ※要本展チケット
9月17日(月・祝)午後2時~、10月8日(月・祝)午後1時~
会場住所
〒910-0017
福井県福井市文京3-16-1
交通案内
◆車:
JR 福井駅(西口)より 約8分。
北陸自動車道・福井北ICより 約15分。
(無料駐車場有り・約120台、身障者用 2台)
・福井北ICをご利用の場合は、福井北ICより国道416号線を西へ進み、「重藤」交差点を左折いただきますと、約500mで右手に当館が見えてきます。
・国道8号線をご利用の場合は、「新保」交差点にて西に曲がっていただきますと国道416号線に入ります。そのまま西へ進み、「重藤」交差点を左折いただきますと、約500mで右手に当館が見えてきます。

◆コミュニティバスすまいる :
JR福井駅前西口(6番のりば)より、田原・文京方面線にて約10分。県立美術館前下車、徒歩0分。

◆京福バス :
JR福井駅前西口(2番のりば)より、23、26系統・福井総合病院線にて約10分。「藤島高校前」にて下車、徒歩0分。※日曜日、祝日は運休

◆えちぜん鉄道 :
福井駅(JR福井駅東口すぐ)より、三国芦原線にて約9分。田原町駅下車、徒歩約8分。

◆福井鉄道(福鉄) :
福井駅(JR福井駅西口)より、下り・田原町方面行きにて約4分。田原町駅下車、徒歩約8分。

◎最寄りの施設 : 福井県立藤島高校、福井市立図書館
◎市内には福井市美術館もございます。お間違えのないようご来館ください。
ホームページ
http://info.pref.fukui.jp/bunka/bijutukan/bunka1.html
福井県福井市文京3-16-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索