タイトル等
写楽 歌麿 北斎 広重
四大浮世絵師展
中右コレクション
会場
尾道市立美術館
会期
2012-03-17~2012-05-06
休催日
月曜日[4月30日(月・祝)は開館]
開催時間
午前9時~午後5時
ただし、入館は午後4時30分まで
4月7日(土)は午後8時まで開館
(入館は午後7時30分まで)
観覧料
大人/700円、高大生/500円、中学生以下無料
前売は各200円引、団体(20名以上)は各100円引
■70歳以上、身障者は、証明できるものを提示により無料
主催者
尾道市立美術館、中国新聞備後本社
協賛・協力等
後 援:広島県、尾道エフエム放送、尾道ケーブルテレビ
概要
江戸文化の形成を担っていたのが町人であり、その最たる成果が浮世絵と言えます。その時々の流行を絵にした浮世絵には、役者や町娘などのアイドルから四季折々の自然風物まで、時代の世相が色濃く反映されています。
本展は、浮世絵収集家として著名な中右瑛氏(国際浮世絵学会常任理事)の膨大なコレクションから、浮世絵が最も爛熟した江戸時代後期の絵師、東洲斎写楽、喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重の四大スターを選び、彼らが粋を凝らした代表作約170点を厳選して紹介します。それぞれの絵師たちが織り成す個性的な表現もさることながら、江戸時代に花開いた浮世の世界、すなわち庶民の暮らし、文化や風俗もあわせてお楽しみください。
イベント情報
■特別講演会
「歌麿・写楽と北斎・広重のミステリー」
講 師:中右瑛(浮世絵収集家・国際浮世絵学会常任理事)
日 時:4月14日(土)午後2時~(約1時間30分程度)
対 象:一般
◇参加無料・申込み不要。展覧会観覧料が必要です。

■ギャラリートーク
講 師:中右瑛(浮世絵収集家・国際浮世絵学会常任理事)
日 時:3月17日(土)午前11時~(約40分程度)
◇参加無料・申込み不要。展覧会観覧料が必要です。

■ギャラリートーク
当学芸員による列品解説を行います。
日 時:3月20日(火・祝)、4月22日(日)午後2時~(約30分程度)
対 象:一般
◇参加無料・申込み不要。展覧会観覧料が必要です。

■夜桜コンサート
4月7日(土)の夜間開館にあわせてコンサートを開催します。
春の夜にふさわしい名曲の数々をお楽しみください。
出演者:甲田有(ヴァイオリン)・甲田愛(チェロ)
仲谷沙弥香(ピアノ)
主なプログラム:コレッリ[ソナタ第3番 ハ長調0p.5]
ヴィヴァルディ/四季より春 第1楽章
ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌなど
対 象:一般
◇参加無料・申込み不要。展覧会観覧料が必要です。

■[こども学芸員対象行事]
わいわい がやがや おしゃべり観賞会
参加者には「こども学芸員シール」を発行します!
こどもたちを対象にした観賞会です。
鑑賞資料などをもとに、楽しくおしゃべりしながら作品鑑賞しよう。
日 時:4月8日(日)、5月5日(土・祝)午後2時~午後3時まで
対 象:中学生以下
◇参加無料・申込み不要。付添いの方1名は無料で入館できます。
会場住所
〒722-0032
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
交通案内
電車で-------
JR山陽本線「尾道駅」から、東行きバス(①番のりば)で「長江口」下車、千光寺山ロープウェイで「千光寺公園」へ。 (ロープウェイのりばで、「往復乗車券+観覧券」のお得なセット販売をご利用ください。) なお、美術館最寄りの「千光寺公園」行きバスは便数が少ないのでご注意ください。

車で-------
お車の方は、千光寺山ドライブウェイ経由で「千光寺公園駐車場(有料)」をご利用くださいましたら、入館時に駐車券提示により1名に限り 割引します。
◎山陽自動車道 尾道ICより 約20分
◎山陽自動車道 福山西ICより 約15分
◎JR山陽本線「尾道駅」、JR山陽新幹線「新尾道駅」からタクシーで約15分。
ホームページ
http://www7.city.onomichi.hiroshima.jp/
広島県尾道市西土堂町17-19 (千光寺公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索