タイトル等
光記念館日本画名品展
横山大観と日本画のあじわい
会場
パラミタミュージアム
第4室 第5室
会期
2012-04-20~2012-05-30
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時30分~午後5時30分
入館は5時まで
観覧料
一般1,000円(4枚セット券3,000円)/大学生 800円
高校生 500円/中学生以下無料
主催者
公益財団法人岡田文化財団パラミタミュージアム・中日新聞社
協賛・協力等
[共催]光記念館
[後援]三重テレビ放送、NHK津放送局、シー・ティー・ワイ、ケーブルネット鈴鹿
概要
横山大観(明治元年-昭和33年)は、フェノロサや岡倉天心が主導した日本画復興の旗手として、近代日本の伝統芸術の黎明期に大きな足跡を残しました。また、その息の長い画家生命によって近代から戦中戦後さらに現代にまで大きな影響をもち、かつそれぞれの時代の空気を表現しました。また、大観に続く日本画家たちも西洋近代絵画の影響を受けつつも、いわゆる近代日本画という大きな美術の流れを確立していったのです。この展覧会では、安土桃山時代から昭和時代までの日本絵画を展示し、伝統と革新という相剋を克服して近代日本画を確立し、現代日本画へと展開したダイナミックな日本画の歴史を堪能していただきたく存じます。(展示作品約60点)
イベント情報
[記念講演会]4月29日(日)午後2時から3時
■吉井隆雄(光記念館・主任学芸員)
「知られざる名品 光記念館コレクション
日本画・浮世絵・書・エジプト・インカ・化石 他」

[ギャラリートーク]5月20日(日)午後2時から3時30分
■赤川一博(当館学芸企画部長)
「近代日本画の黎明―岡倉天心の理想と横山大観―」
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com/plan/next_exhibition.html
会場住所
〒510-1245
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
交通案内
自動車/ 東名阪「四日市I.C.」より国道477号(湯の山街道)を湯の山方面へ約6.5Km

電車/ 近鉄「四日市駅」下車、近鉄湯の山線に乗り換え約25分 「大羽根園駅」下車、西へ300m
ホームページ
http://www.paramitamuseum.com
会場問合せ先
059-391-1088
三重県三重郡菰野町大羽根園松ヶ枝町21-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索