タイトル等
現代美術の展望─新しい平面の作家たち
VOCA2012展
会場
上野の森美術館
会期
2012-03-15~2012-03-30
休催日
会期中無休
開催時間
午前10時~午後5時
木・金・土曜日は午後6時まで/入館は閉館30分前まで
観覧料
一般・大学生500円/高校生以下無料
主催者
「VOCA展」実行委員会/公益財団法人 日本美術協会・上野の森美術館
協賛・協力等
協賛:第一生命保険株式会社
概要
1994年に始まったVOCA(ヴォーカ)展は今回で19回目を迎えます。VOCA展は全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、これまで数多くの新しい才能を発掘し、送り出してきました。
「VOCA展2012」には34名の作家が出品しています。このなかから7名の選考委員によりVOCA賞1名、VOCA奨励賞2名、佳作賞2名が選ばれました。また、大原美術館賞が館の選考により決定しました。
本展には絵画のほかにも写真、映像、半立体的な作品と、さまざまな素材と手法を用いた作品が並びます。それらは一見混沌とした多様性を見せていますが、多くの出品作に共通するのは、絵画とは平面作品とはなにか、という根本的な問いから出発していることでしょう。
たとえば、自分が生きる「世界」の見方と描き方を原理的に問う絵画、美術の歴史を参照しながら、描く行為そのものをテーマにした作品、また、デジタル技法でオーソドックスな絵画の描法に迫るものなど、注目すべき試みが随所に見られます。
それぞれの作家が絵画や平面作品の新しい可能性に真摯に取り組んだ、個性豊かな成果を「VOCA展2012」でご覧ください。
イベント情報
シンポジウム「隠された物語」
3月14日(水) 午後3時-5時
パネリスト:高階秀爾(司会)、酒井忠康、建畠 晢、本江邦夫、神谷幸江、光田由里、南嶌 宏
定員:150名(申し込み要)

アーティスト・トーク
3月18日(日) 午後3時-4時
大成 哲、柏原由佳、鈴木星亜
3月24日(土) 午後3時-4時
桑久保 徹、武居功一郎

学芸員によるギャラリートーク
3月17日(土)、25日(日) 午後3時-4時

〈シンポジウムのお申し込み〉
住所、電話番号、氏名、シンポジウム参加希望を明記のうえ、ファックスかメールでお申し込みください。定員となりしだい締め切らせていただきます。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/voca.html
会場住所
〒110-0007
東京都台東区上野公園1-2
交通案内
・JR上野駅 公園口より 徒歩3分
・東京メトロ上野駅 徒歩5分
・京成電鉄 上野駅 徒歩5分

※駐車場はございませんので、お車の場合は上野公園周辺の駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://www.ueno-mori.org/
東京都台東区上野公園1-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索