タイトル等
[コレクション展]
椿をめぐる文雅の世界
百椿図
会場
根津美術館
会期
2012-01-07~2012-02-12
休催日
月曜日 ただし1月9日(月・祝)開館、翌10日(火)休館
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般1000円、学生800円
20名以上の団体は200円引き 中学生以下は無料
主催者
根津美術館
概要
江戸時代はじめ、空前の椿園芸ブームが起こりました。珍しい品種への注目が高まり、数多くの椿を集めた書物や図譜も制作されましたが、なかでも当館が所蔵する「百椿図(ひゃくちんず)」は、100種類以上もの椿を色鮮やかに描きだした屈指の名品です。本展では、「百椿図」2巻、計約24メートルを可能な限り広げて展示、その全貌をご覧いただきます。室町時代の花鳥画や江戸時代の工芸品などの椿図とあわせて、新春を華やかに飾ります。
イベント情報
関連プログラム
「百椿図」展 特別講演会 場所はいずれも根津美術館 講堂 定員140名

講演会1「百椿図と寛永文化」
日時 2012年1月21日(土) 午後2時から午後3時30分
講演 野口 剛(根津美術館 学芸主任)
講演会2「草花図の衝撃-江戸初期の諸相とその後の展開-」
日時 2012年1月28日(土) 午後2時から午後3時30分
講演 安村敏信氏(板橋区立美術館 館長)

【申し込み方法】往復はがきに、希望する講演会(「講演会1」または「講演会2」)、住所、氏名(返信面にも)、電話番号を明記のうえ、〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1根津美術館「百椿図」展係までお申し込みください。
講演会1は2012年1月7日(土)、講演会2は1月14日(土)締切(当日消印有効)。
参加希望者1名につき1枚の往復はがきでお申し込みください。応募者多数の場合は抽選となります。*聴講は無料ですが、入館料をお支払いください。

ギャラリートーク 2012年1月13日(金)、2月3日(金)
いずれも午後1時30分より約45分間イヤホンガイドを使って行います。定員先着30名。
午後1時よりホールにて整理券を配布します。*聴講は無料ですが、入館料をお支払いください。
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/index.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索