タイトル等
NHK京都放送局開局80周年・読売新聞大阪発刊60周年 特別展覧会
王朝文化の華 陽明文庫名宝展
宮廷貴族
近衞家(このえけ)の一千年
これぞ
宮廷ライフ・スタイル

国宝8件・重要文化財60件を含む140件を一挙公開
会場
京都国立博物館
会期
2012-04-17~2012-05-27
休催日
月曜日<ただし4月30日(月)は開館>
開催時間
午前9時30分~午後6時
※毎週金曜日は午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
当日 (一般)1,300円 (大学・高校生)900円 (中学・小学生)400円
前売 発売期間:2/17-4/16 (一般)1,100円 (大学・高校生)700円 (中学・小学生)300円
団体(20人以上) (一般)1,000円 (大学・高校生)600円 (中学・小学生)200円
※障がい者とその介護者1人は無料(障がい者手帳などの提示が必要です)。
※キャンパスメンバーズ会員校の学生証提示で団体料金となります。
※お得な前売券は期間限定発売。会期中は当日券のみの発売となります。
※平常展示館は建て替え工事のため、閉館しています。
■主なチケットの発売所
チケットぴあ(Pコード:765-013)/CNプレイガイド/イープラス/ローソン(Lコード:59508)/ファミリーマート/サークルK・サンクス/セブン-イレブン/JTB各店舗
主催者
京都国立博物館、陽明文庫、NHK京都放送局、NHKプラネット近畿、読売新聞社
協賛・協力等
●後援=文化庁 ●協賛=日本写真印刷、パナソニック ●協力=日本香堂
概要
京の都で、日本の美を大切に護り伝えてきた陽明文庫(ようめいぶんこ)。
この春、ついにその扉が開きます!

京都にある陽明文庫は、昭和十三(一九三八)年、近衛家(このえけ)二十九代当主で内閣総理大臣も務めた近衛文麿(このえふみまろ)によって設立されました。五摂家(摂政や関白に任ぜられる家柄)の筆頭である近衛家は、平安時代を代表する貴族・藤原氏の直系に当たります。同文庫は近衛家が蔵した十数万点の宝物を保存管理しており、最高権力者として栄華を極めた藤原道長(ふじわらみちなが)自筆の国宝「御堂関白記(みどうかんぱくき)」や、国宝「倭漢抄(わかんしょう)」下巻、みやびな和歌の遊びを記録した国宝「歌合(うたあわせ)(十巻本歌合)」巻第六など、まさに宮廷貴族のライフ・スタイルが垣間見られる優品を今に伝えています。
この展覧会では、同文庫が所蔵する国宝8件・重要文化財60件のすべてを初めて一挙公開し、おおよそ140件の名宝を通して、華やかなる王朝文化をお楽しみいただきます。
展示替え情報
※会期中、作品の一部に展示替えがあります。
ホームページ
http://youmei2012.jp/
会場住所
〒605-0931
京都府京都市東山区茶屋町527
交通案内
[公共交通機関でおこしの方]

JRをご利用の場合
JR京都駅下車、市バス京都駅前 D1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて 博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ
JR京都駅下車、JR奈良線にて東福寺駅下車、京阪電車にて七条駅下車、徒歩7分

近鉄をご利用の場合
丹波橋駅下車、京阪電車丹波橋駅から七条駅下車、徒歩7分

京阪電車をご利用の場合
七条駅下車、東へ徒歩7分

阪急電車をご利用の場合
河原町駅下車、京阪電車 祇園四条駅から大阪方面行きにて七条駅下車、東へ徒歩7分
又は、河原町駅下車、四条河原町から市バス207号系統にて東山七条下車、徒歩3分

市バスをご利用の場合
京都駅前市バス D1のりばから100号、D2のりばから206・208号系統にて
博物館・三十三間堂前下車、徒歩すぐ

プリンセスラインバスをご利用の場合
京都駅八条口のりばから11・12号系統にて東山七条下車、徒歩1分
四条河原町から16・18号系統にて国立博物館前下車、徒歩1分
ホームページ
http://www.kyohaku.go.jp/
京都府京都市東山区茶屋町527
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索