タイトル等
特別展
名物刀剣
宝物の日本刀
会場
根津美術館
展示室1・2
会期
2011-08-27~2011-09-25
休催日
月曜日 ただし9月19日は開館、翌20日閉館
開催時間
午前10時~午後5時
入場は午後4時半まで
観覧料
一般1200円、学生1000円
*中学生以下は無料
*コレクション展「古筆切」の会期中(7月13日~8月14日)、ミュージアムショップにて前売り券(各100円引き)を販売します。
概要
日本刀は「武士の魂」といわれ、刀剣は武士にとって最も大切な道具でした。戦国時代、天下取りに命運をかけた織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らも、「名物刀剣」を大量に手中に収めることに意を尽くしました。江戸時代には、徳川八代将軍吉宗が本阿弥家に命じて作らせた「享保名物帳」が、「名物刀剣」の評価を定着させました。本展では、名だたる武士が所持したと伝わる日本刀の名物を中心に、国宝9件、重要文化財22件、重要美術品3件を含む約50件を一堂に展示します。
イベント情報
2011年9月3日(土) 特別講演会1「名物刀剣 日本刀が宝物になるまで」
2011年9月17日(土) 特別講演会2「名物と名物刀剣」
2011年9月2日(金) ギャラリートーク
2011年9月16日(金) ギャラリートーク
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/past2011_n06.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索