タイトル等
平川典俊
木漏れ日の向こうに
会場
群馬県立近代美術館
展示室1
会期
2012-04-14~2012-06-10
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
観覧料
一般600(480)円、大学・高校生300(240)円
*( )内は20名以上の団体割引料金
*中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
概要
1980年代より、幅広い作風と社会への挑発を含む刺激的な表現を通じ、人間の自由意志に対する個人の認識を問い続ける現代美術家、平川典俊(のりとし)。平川は、1960年福岡県に生まれました。1988年にアーティスト活動を開始、1993年よりニューヨークに在住し、現在に至っています。写真やビデオ、サウンド、テキストを用いた作品のほか、インスタレーション、映像、演劇、パフォーマンス、サウンドなど様々なメディアを複合した作品を発表。身体性やジェンダー、セクシュアリティ、メディア、宗教、現代美術そのものなど、社会制度がもたらす不自由さやタブーに焦点を当てた挑発的な表現による、作品を継続的に発表しています。これまでに、ポンピドゥーセンター(フランス)、フランクフルト近代美術館(ドイツ)、ニューヨークPS1(アメリカ)、東京都現代美術館、台北市美術館(台湾)をはじめ、世界各地の300回を超える展覧会で作品を発表しました。平川の日本で初めての大規模な回顧展となる今回の展覧会では、作曲家のミハイル・ローター、舞踏家の安藤洋子とのコラボレーションによる最新作品《Beyond the sunbeam through trees-木漏れ日の向こうに》(2011)も展示公開します。どうぞご期待ください。
イベント情報
アーティストトーク 5/19[土] 14:00~15:00 申込不要
学芸員による作品解説会 4/28[土]、6/6[水] 14:00~ 申込不要
会場住所
〒370-1293
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
交通案内
[自動車]
■ 上信越自動車道の 「藤岡I.C.」高崎方面出口より出て、県道13号線を前橋方面に約10分。
■ 関越自動車道 「高崎玉村スマートI.C.」(ETCのみ)より出て高崎方面に向かい、県道13号線を藤岡方面に約8分。
■ 北関東自動車道 「前橋南I.C.」より県道13号線を藤岡方面に約15分。
■ 県立公園「群馬の森」の大駐車場をご利用ください(無料)。 大型バス複数台駐車可能。(要予約)
*公園閉園後の駐車場の利用はできません。
県立公園「群馬の森」 開園時間: 4月~9月:7時30分~18時30分 / 10月~3月:8時~17時30分

[タクシー]
■ JR 高崎駅東口より 約20分
■ JR 新町駅より 約10分

[電車・バス]
■ JR 高崎線・湘南新宿ライン または 上越・北陸新幹線で 高崎駅下車 (新幹線は東京駅より約60分)。
JR 高崎駅東口より、市内循環バスぐるりん 「群馬の森線」 9系統(約38分)、10系統(約26分)、または「岩鼻線」 15系統(約25分)で、いずれも「群馬の森」下車。(200円)
ホームページ
http://mmag.pref.gunma.jp
群馬県高崎市綿貫町992-1 群馬の森公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索