タイトル等
特別展
名物刀剣
―宝物の日本刀―
頼朝、尊氏、謙信、信長、秀吉、家康
武将が愛した名刀、ここに集結

国宝9件、重要文化財22件、重要美術品3件を含む約60件を一堂に公開。
会場
徳川美術館
会期
2012-01-04~2012-02-05
休催日
月曜日<但し、1月9日(月)は開館、翌10日(火)は休館>
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時半まで
観覧料
一般1,200円 高・大生700円 小・中生500円
※20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引
※毎週土曜日、小・中・高生入館無料
主催者
徳川美術館・日本経済新聞社
協賛・協力等
■共 催/根津美術館・富山県水墨美術館・佐野美術館
■協 力/名古屋市交通局
概要
「日本刀は武士の魂」といわれ、刀剣は武士にとって最も大切な道具でした。戦国時代、天下取りをめざした織田信長・豊臣秀吉・徳川家康らも、「名物刀剣」を大量に手中に収めることに意を尽くしました。
江戸時代には、徳川八代将軍吉宗が本阿弥家に命じて作らせた「享保名物帳」が、「名物刀剣」の評価を定着させました。
本展では、名だたる武士が所持したと伝わる日本刀の名物を中心に、国宝9件、重要文化財22件、重要美術品3件を含む約60件を一堂に展示します。
イベント情報
●記念講演会/「名物刀剣―日本刀が宝物になるまで―」
佐野美術館館長 渡邉妙子氏
1月7日(土) 午後1時30分~3時
徳川美術館 講堂 ※入館者聴講自由

●新春プレゼント/1月4日(水) 午前10時~
先着50名の有料入館者にオリジナル卓上カレンダーを進呈
展示替え情報
※期間中展示替えがあります。
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/planning/h24/01/index.html
会場住所
〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
交通案内
~電車・バスをご利用の場合~

名古屋駅より

[市営バス]
名古屋駅前2番のりば 基幹2系統 「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[名鉄バス]
名鉄バスセンター3階 4番のりば 「三軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[JR]
JR中央線「多治見」方面行
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 南出口から徒歩約10分。

[なごや観光ルートバス「メーグル」]
名古屋駅前8番乗り場 名古屋駅発着で平日30分~1時間に1本、
土・日・祝日は20分~30分に1本運行。 (約30分)

栄より

[市営バス]
栄バスターミナル(オアシス21) 3番のりば
基幹2系統 「引山」「四軒家」方面ゆき
「徳川園新出来」停留所下車(所要時間約20分) 徒歩約3分。

[市営地下鉄]
名城線(右回り)
「大曽根駅」下車(所要時間約15分) 3番出口から 徒歩約15分。


~車をご利用の場合~

東名高速 名古屋 IC より

IC 下車後、県道60号(東山通)を名古屋市街に向かって約8km直進、
「今池」交差点を右折約1.3km、「古出来」交差点を左折約0.7km
「徳川美術館南」交差点を右折 (所要時間約30分)

名神高速 一宮 IC より

名古屋高速 16号一宮線→清洲JCT→6号清洲線→1号楠線→「黒川」出口右折 (所要時間約30分)
ホームページ
http://www.tokugawa-art-museum.jp/
愛知県名古屋市東区徳川町1017
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索