タイトル等
城西国際大学創立20周年記念
描かれた万葉の世界
近代日本画にみる古代への憧れ
会場
城西国際大学水田美術館
会期
2011-11-15~2011-12-10
休催日
日曜・月曜日、祝日
開催時間
10:00~16:00
観覧料
一般300円、高校生以下無料
主催者
城西国際大学水田美術館
概要
城西国際大学のキャンパスの一隅に、四季折々の草木を万葉歌とともに楽しむ「万葉の杜」があります。このたびキャンパス自然環境向上プロジェクトの一環として行った、このささやかな憩いの場の再整備を記念し、万葉をテーマにした展覧会を開催します。
わが国最古の歌集である『万葉集』には、5世紀頃から8世紀にかけて詠まれた4500首余りの詩歌が収められています。古代の自然風土、人々の営みや祈りが力強く、率直に表された万葉歌は、今なお日本人の精神文化の原点であり続けています。こうした万葉歌や万葉の時代をモチーフにした絵画は、安田靫彦、平福百穂、冨田渓仙など、おもに近代以降の『万葉集』に造詣の深い画家たちにより描かれてきました。
このたびの展覧会では、近現代の画家による、額田王や柿本人麻呂、大伴家持などの代表的な歌人を描いた人物画をはじめ、詠われた情景、ゆかりの地を描いた作品、万葉植物を描いた花鳥画を万葉歌とともにご紹介します。どのモチーフを選び、どう描いたのか――画家それぞれの古代への憧れが結実した作品は、私たちの心に強く響くことでしょう。本展が、万葉歌に親しみ、いにしえの飛鳥・奈良時代へ思いを馳せるきっかけとなれば幸いです。
イベント情報
◎講演会
11月26日(土) 午後1時30分~3時
「万葉歌のまなざし―飛鳥・奈良の風景―」
井上さやか氏(奈良県立万葉文化館万葉古代学研究所主任研究員)
図書館3階プレゼンテーションホールにて
*聴講無料/要予約
◎ギャラリートーク
12月3日(土)、10日(土) 午後1時30分~
ホームページ
http://www.jiu.ac.jp/museum/his-eve/111115.html
会場住所
〒283-8555
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
交通案内
●JR外房線 大網駅 または JR総武本線 成東駅乗り換えで JR東金線 求名(ぐみょう)駅下車、徒歩5分

●車では、京葉道路・館山自動車道の千葉東ジャンクションより 千葉東金道路に入り、東金インター下車、国道126号線を成東方面へ約20分、信号「城西国際大前」右折

●次の各駅よりシャトルバス運行
JR 東京駅 (八重洲中央口ヤンマービル前バス停)
(時刻) 9:00

JR 蘇我駅 (東口バスロータリー内バス停)
(時刻) 10:10 10:20 12:10 14:05

JR 大網駅 (改札口前バス停)
(時刻) 10:15 10:50 11:55 12:40 13:15 14:20

JR 成東駅 (改札口前)
(時刻) 11:35 14:45

JR 東金駅 (東口ロータリー)
(時刻) 10:30 12:10 13:30

京成成田駅 (東口バスロータリー森田ビル向い側)
(時刻) 10:45 13:55
ホームページ
http://www.jiu.ac.jp/museum/
会場問合せ先
0475-53-2562
千葉県東金市求名1番地・図書館棟1階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索