タイトル等
幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界
会場
東京都写真美術館
3階展示室
会期
2012-03-06~2012-05-06
休催日
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館、翌火曜日が休館) *ただし5/1(火)は開館します
開催時間
10:00~18:00
木、金は20:00まで
入館は閉館の30分前まで
観覧料
□一般 700(560)円 □学生 600(480)円 □中高生・65歳以上 500(400)円
()は20名以上の団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、上記カード会員割引料金
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※東京都写真美術館友の会会員は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
主催者
東京都 東京都写真美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会
協賛・協力等
[協賛] ライオン株式会社/清水建設株式会社/大日本印刷株式会社/株式会社損保ジャパン
概要
堀野正雄(1907-1998)は新興写真の旗手として、日本の近代写真の成立と展開を語る上で欠かすことのできない写真家として名前は知られていますが、その実際の活動の軌跡と評価、位置づけはこれまで不十分なものでした。しかし近年、写真史はもとよリデザイン史やメディア史の若い研究者たちが強い関心を寄せており、その成果も見えはじめています。本展は、幻といってよい堀野正雄の仕事の全体像を明らかにすることによって、1930年代を中心とする写真史にあらたなヴィジョンを構築する展覧会です。
本展では、1920年代の築地小劇場を中心とする舞台写真やポートレイト、舞踏家の写真にはじまり、写真集『カメラ・眼×鉄・構成』、『犯罪科学』誌を中心とするグラフモンタージュ、『NIPPON』や『主婦之友』などの雑誌に発表した報道写真など、戦前の堀野正雄の活動を、遺族の所有するオリジナル・プリント約100点を中心に、関係資料など合わせて約200点で堀野正雄の軌跡を一望します。日本写真史に重要な位置を占める堀野の全貌を明らかにする初めての展覧会であると同時に、若い世代にも注目されているモダニズムの感覚を十二分に堪能できることでしょう。
イベント情報
【担当学芸員によるフロア・レクチャー】
会期中の第2、第4金曜日16時より担当学芸員の展示解説を行います。
※本展覧会チケットの半券(当日消印)をお持ちの上、展示室前にお集まりください。

【展覧会イベント】
シンポジウム「堀野正雄の現代的意義」
4月21日(土)18:00―20:00 東京都写真美術館1階ホール
ホームページ
http://syabi.com/contents/exhibition/index-1540.html
会場住所
〒153-0062
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
交通案内
当館の最寄駅は「恵比寿」です。
JR 恵比寿駅東口より 徒歩約7分
東京メトロ 日比谷線 恵比寿駅より 徒歩約10分

当館には専用の駐車場はございません。
お車でご来場の際は近隣の有料駐車場をご利用ください。
ホームページ
http://topmuseum.jp/
会場問合せ先
03-3280-0099
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索