タイトル等
開館10周年記念
コレクションの10年
―自然と人間の調和
会場
群馬県立館林美術館
会期
2011-04-23~2011-06-26
前期:4月23日(土)-5月22日(日) 後期:5月25日(水)-6月26日(日)
[会期中一部展示替えをいたします]
休催日
毎週月曜日(5月2日は開館)、5月6日(金)、5月24日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は4時30分まで
観覧料
一般500(400)円 大高生250(200)円
※( )内の観覧料は、20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催者
群馬県立館林美術館
概要
群馬県立館林美術館は、2001年10月にオープンし、今年開館10周年を迎えます。当館は都会の喧噪を忘れさせる広々とした景観を取り込みながら、「自然と人間の関わり」を館のテーマに作品を収集、展覧会や教育普及活動を展開してきました。所蔵作品は、ロダンの弟子として下彫りに従事した経験を持つフランスの彫刻家、フランソワ・ポンポンの動物彫刻を始め、ピカソやシャガールの版画、植物をモティーフにした絵画、自然へのまなざしを反映させた国内外の現代作家の作品まで、写真や工芸作品をも含めた多様なジャンルにわたっています。開館10周年を記念する2011年度のスタートとして、全ての展示室を使ってコレクションの全容を紹介、美術館の10年をふりかえります。
イベント情報
学芸員による作品解説会(申込不要・要観覧料)
4月28日(木)、5月7日(土)、5月15日(日)、6月1日(水)、6月17日(金)
各日とも午後2時-2時30分

教職員のための模擬授業(要申込、無料)
4月26日(火) 午後4時-5時

子どもギャラリートーク(小中学生対象、申込不要、無料)
毎週土曜日 午後2時から30分程度

たてび木曜レクチャー(申込不要、無料)
「近現代美術の巨匠たち-コレクションより」
5月12日、19日、26日、6月2日、9日、16日、23日
いずれも木曜日 午後2時-3時
展示替え情報
※会期中一部展示替えをいたします
ホームページ
http://www.gmat.gsn.ed.jp/ex/ex.html
会場住所
〒374-0076
群馬県館林市日向町2003
交通案内
○ 車:
東北自動車道 館林I.C.から 約9km
北関東自動車道 太田桐生I.C.から 約15km
○ 電車:
東武伊勢崎線 多々良駅から 約1.2km (徒歩20分)
東武伊勢崎線 館林駅から 約4km (東口からタクシー10分)
○ バス:
館林駅前(東口)から 多々良巡回線バス、往路30分、復路15分。
バス停「県立館林美術館前」から すぐ、または
バス停「西高根町」から 徒歩15分。

[東京都内からのご案内]
○ 浅草駅 (東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線) または 北千住駅(JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線、つくばエクスプレス)から 東武スカイツリーライン・伊勢崎線をご利用ください。特急「りょうもう」の場合、浅草駅(北千住経由)~館林駅の所要時間は約60分。
○ JR宇都宮線ご利用の場合は、久喜駅で東武伊勢崎線に乗り換え。久喜駅~館林駅の所要時間は約30分です。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
会場問合せ先
0276-72-8188
群馬県館林市日向町2003
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索