タイトル等
現代美術 ̶ art とnonart のラビリンス
会場
セゾン現代美術館
会期
2011-04-16~2011-07-03
休催日
木曜日 ※但し5月5日(木・祝)開館
開催時間
10:00-18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般1000円(900円)/大高生700円(600円)/中小生300円(200円)
※( )内は団体20名以上の料金
主催者
セゾン現代美術館
概要
20世紀が他のどの世紀よりも芸術家の数は無茶苦茶に多く、それはモダン・アートの本質には無関係に、時流に乗って虚名を流し、美術品売買の利欲と無責任、大部分の新聞の無批判によって促されまがいもの(nonart)が本物(art)を圧倒しているどころか、本物とまがいものとの間の限界は見分け難いのだとか、こういう限界は根本的にできないものなのだ、と説かれさえしている。」と H. ゼーデルマイヤーが嘆いてから50 年以上が経つ。
実際、今日の市場化社会では、ゼーデルマイヤーの嘆きは現実となり、限界や境界は撤廃されるべきものとして、あらゆるものがart化されている。
ラビリンスとは、ギリシャ神話で、クレタの王ミノスが半獣半人の怪物ミノタウロスを閉じ込めるために名工ダイダロスに命じて造った巨大な迷宮であるが、ここでのラビリンスは、artとnonartが混在する今日の芸術の迷宮世界であり、また美術館という空間でもある。
半獣半人のミノタウロスは、artとnonartの混ざりあった今日の生きものとしての現代美術である。
ホームページ
http://www.smma.or.jp
展覧会問合せ先
Tel : 0267-46-2020
会場住所
〒389-0111
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
交通案内
JR長野新幹線 軽井沢駅 または、しなの鉄道 中軽井沢駅 より

○草津温泉行のバス利用 バス停 軽井沢千ヶ滝温泉入口 下車 徒歩7分

○中軽井沢駅 よりタクシー利用 10分
ホームページ
http://www.smma.or.jp/
長野県北佐久郡軽井沢町長倉芹ヶ沢2140
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索