タイトル等
明治・大正・昭和の日本画家 山本昇雲 展
会場
高知県立美術館
会期
2011-03-24~2011-05-15
休催日
無休
開催時間
9:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料
一般:350円(280円)、大学生:250円(200円)、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
概要
山本昇雲(やまもと しょううん)は、現在の高知県南国市出身の日本画家です。

1870(明治3)年生まれの昇雲は、柳本洞素や河田小龍に学んだ後、大阪を経て上京しました。日本画家として展覧会に美人画や花鳥画を出品するなどの活動だけでなく、明治・大正のベストセラー雑誌『風俗画報』の表紙や挿絵に全国各地の事件や風俗、風景などを描く報道画家としても活躍しました。

また、明治末から大正時代にかけて当時の技術の粋を尽くした木版画作品《今すがた》《子供あそび》《四季のながめ》などを制作した、最後の浮世絵師の一人でもあります。

1965(昭和40)年に96歳で亡くなるまで、明治・大正・昭和の長きにわたり活躍した山本昇雲の掛軸、屏風、浮世絵、書籍資料など83点をご紹介いたします。
ホームページ
http://kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/
展覧会問合せ先
TEL 088-866-8000 / FAX 088-866-8008
会場住所
〒781-8123
高知県高知市高須353-2
交通案内
■はりまや橋から とさでん交通路面電車「ごめん」、「領石通」または「文珠通」行きで15分、「県立美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■とさでん交通バス 「高知医大線」・「県立美術館前」下車。南へ約100メートル。
■とさでん交通バス 「高知県立大学・医療センター線」・「美術館通」下車。北へ約200メートル、徒歩5分。
■高知龍馬空港からは、高知市内―空港間を結ぶとさでん交通の空港連絡バスがご利用いただけます。バス停「葛島」で下車してください。北東へ約900メートル、徒歩約16分です。
■車・タクシーをご利用の場合
※JR高知駅から約20分。
※高知龍馬空港からは30分、高知自動車道 南国インターから15分、高知インターから10分。
ホームページ
http://moak.jp/
高知県高知市高須353-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索