タイトル等
3days KAWAMATA講座
会場
水戸芸術館現代美術センター
会期
2001-11-23~2001-11-25
観覧料
参加費:無料(ただし当日有効の展覧会入場券が必要です)
定員:80名(要予約)
電話予約開始日:10/3(水)9:30~
予約電話番号:029-225-3555(水戸芸術館チケット予約センター)
概要
川俣正の活動を初期からフォローし続けている美術ジャーナリスト村田真の構成による連続講座を開催します。毎回、テーマを設定し複数の講師によるレクチャーを通して、川俣正が展開するアートの意味・位置・可能性についての分析を試みます。(全8講座)

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー内ワークショップ
定員:80名(要予約)

▼11月23日(金)
講演テーマ「アートとしての川俣正」
11:00~12:00 川俣正入門講座:村田真(美術ジャーナリスト)
13:30~15:00 川俣正の芸術性:藤枝晃雄(美術評論家)
15:30~17:00 日本の川俣から世界のKAWAMATAへ:安斎重男(写真家)
▼11月24日(土)
講演テーマ「アートレスとしての川俣正」
11:00~12:30 川俣さんのお尻:PHスタジオ(美術家・建築家)
13:30~15:00 美術館から出た川俣正:エマニュエル・ド・モンガソン
(フランス大使館文化担当官)
15:30~17:00 ワーク・イン・プログレスに参加して:加藤淳(プロデューサー)
▼11月25日(日)
講演テーマ「アートからアートレスへ」
13:30~15:00 アートを街に出す:山野真悟(ミュージアム・シティ・プロジェクト
運営委員長)
パネルディスカッション「アート/アートレスの場をめぐって」
15:30~18:00 川俣正(美術家)
小池一子(クリエイティヴディレクター)
芹沢高志(P3 art and environment代表)
森司(水戸芸術館学芸員)
司会:村田真
ホームページ
http://www.arttowermito.or.jp/atm-j.html
展覧会問合せ先
Tel. 029-227-8111 / Fax. 029-227-8110
会場住所
〒310-0063
茨城県水戸市五軒町1-6-8
交通案内
JR 及び 路線バス
上野駅(※)から 水戸駅まで、常磐線特急『ひたち』『ときわ』及び各駅停車が約30分毎に運行しています。乗車時間は特急で約65~80分、各駅停車で約130分です。

水戸駅からは、バスをご利用になると便利です。「北口バスターミナル4~7番のりば」から乗車し、「泉町1丁目」下車。乗車時間は約10分です。降車後バスの進行方向に進み、すぐの交差点で大通り(国道50号)を渡り、そのまま路地を直進してください。徒歩2分ほどで到着します。

※2015年3月のダイヤ改正により、幾つかの時間帯において常磐線の運行が延長され、品川駅発着(東京駅経由)の便が追加されています。


お車
常磐自動車道 水戸ICより 国道50号線を水戸市街地方面へ 約20分。

水戸ICを下りた道路が国道50号線です。そのまま市街地方面にお進みください。
しばらく進みますと、バイパスと本道と分かれていますが、そのまま下の道路(本道)をお進みください。道なりに15分ほどで水戸の市街地に入ります。
市街地の中の交差点、「南町3丁目」で左折をしてください。(左手にみずほ銀行がございます。) そこから「2つ目の信号」でまた左折をしてください。
そこから信号ひとつ過ぎたところで芸術館の地下駐車場のマークが見えてまいります。


高速バス
東京駅 八重洲南口バスターミナルのりばから 「常磐高速バス(赤塚又は茨大ルート) 水戸駅行き」で約100分、泉町1丁目下車、徒歩2分。
ホームページ
http://arttowermito.or.jp/
茨城県水戸市五軒町1-6-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索