タイトル等
つまみかんざし
会場
シルク博物館
会期
2011-03-05~2011-03-21
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
9:00~16:30(入館は16:00まで)
観覧料
一般500(400)、65歳以上300(200)、高大生200(150)、小中生100(50)円
※( )内は20名以上団体料金
概要
薄い小さな絹のキレをピンセットを使って折り込み、一枚一枚花びらにした「つまみかんざし」は七五三やお正月のきもの姿、舞妓さんの髪飾りなどとして使われています。
江戸時代から続くこの髪飾りは日本人の自然を愛する美意識から生まれ、四季折々の草花や生き物、季節行事などを題材として、きもの姿の女性の髪を美しく飾ります。
つまみ技法による小物作品製作の講習会をとおして伝統技術を伝承することと併せてこの展示を行い、かんざしの工芸美の鑑賞と理解を深めてもらうことを目的に開催します。
ホームページ
http://www.silkmuseum.or.jp/
展覧会問合せ先
045-641-0841
会場住所
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町1 シルクセンター2階
交通案内
【みなとみらい線】
日本大通り駅下車 3番出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.silkcenter-kbkk.jp/museum/
神奈川県横浜市中区山下町1 シルクセンター2階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索