タイトル等
唐招提寺 金堂荘厳 展
平成の大修理・よみがえる天平の彩り
会場
多摩美術大学美術館
会期
2010-12-04~2011-01-30
休催日
火曜日,年末年始
開催時間
10:00―18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般300円、高大生200円、中学生以下無料
概要
10年間にわたった完全解体を終え、昨年11月に落慶法要を迎えた唐招提寺金堂。完全解体の間に行われた調査・研究は、天平様式を持つ金堂として唯一現存するこの建造物について新たな知見をもたらしました。部材に残された彩色の痕跡を丹念に調査し、極彩色で荘厳された堂内外の姿が明らかとなったのです。本展では、今後注目が期待されるこの彩色記録の手法と成果を公開し、古代寺院建築における装飾から文化財へのアプローチを探ります。また、最新のバーチャルリアリティ画像や考古遺物、復元された鴟尾も展示。立体的に創建当初の姿へ迫ります。
ホームページ
http://www.tamabi.ac.jp/museum/
展覧会問合せ先
Tel. 042-357-1251
会場住所
〒206-0033
東京都多摩市落合1-33-1
交通案内
多摩センター駅 徒歩7分
(京王相模原線・小田急多摩線・多摩モノレール)
ホームページ
http://www.tamabi.ac.jp/museum/
東京都多摩市落合1-33-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索