タイトル等
日本の美 ―桜と花々
会場
町立湯河原美術館
会期
2011-01-01~2011-03-28
休催日
水曜日
開催時間
9:00~16:30(入館は16:00まで)
観覧料
大人600円(500円)、小・中学生300円(200円)
※( )内は15名以上の団体割引料金
概要
早春の日差しを浴びてほころぶ一輪の蕾、枝いっぱいに花開く満開の桜、潔く散る桜吹雪ー数ある花の中でこれほど日本人の心にとけ込み愛されている花があるでしょうか。散りゆく花びらにも美しさを感じとる繊細な感受性は、四季のある自然環境の中で養われた日本独特の感性といえるでしょう。
世の中のすべては変わりゆくものという日本人の美意識は、文学や芸術の分野で様々に表現されています。古くからの伝統文化を受け継ぐ日本画には花鳥画というジャンルがあり、四季の移ろいを花に託してきました。中でも桜はそのはかなさが好まれ、数多く取り上げられています。
平松礼二画伯の作品にもまた桜が多く登場します。画伯は、中国やアメリカ、フランスなど国外の風物を取材する中で、日本の伝統美を再認識していったといいます。外国の風景を題材にしたジャポニスムシリーズでは、画中のモネの池に現実にはない桜の花びらを浮かべ、日本の象徴として描き出しました。また、近年では日本の様式美を追求した装飾性の高い作品を描いています。
今回の展覧会では、日本美の象徴である桜を中心に、春の花々をモチーフにした作品を華やかに展示します。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/museum/museum01.html
展覧会問合せ先
0465-63-7788
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索