タイトル等
横須賀・三浦半島の作家たちⅠ 原口典之・若江漢字
会場
横須賀美術館
会期
2011-02-11~2011-04-10
休催日
3/7、4/4
開催時間
10時~18時
観覧料
一般800(640)円、高大生・65歳以上600(480)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
主催者
横須賀美術館
概要
第二次大戦終結前後に横須賀に生まれた原口典之(1946-)と若江漢字(1944―)は、ともに社会のありようを真摯に見つめ、現代社会に対してときに懐疑的、批判的な立場で制作を行ったきました。
1960年代末に作家活動を開始した原口典之は、ドクメンタ6(1977年)に出品したオイル・プールで、鈍く光る廃油の油膜に周囲の人物、環境を鏡像として取り込み、新たな空間を作り出しました。その後も、鉄やアルミなどの金属、ゴムやポリウレタンといった大量生産された工業素材を用い、時代状況を反映した作品を一貫して制作しています。版画、写真から出発した若江漢字は、1982年文化庁芸術存外研修員として滞独中にヨーゼフ・ボイスを訪問し、その影響のもと立体、インスタレーションへの取り組みを強めます。近年は平面にも取り組む一方で、1994年に自宅敷地内にカスヤの森現代美術館をオープンし、ボイス作品には、われわれが日常的に接する既製品や大量生産品が用いられています。しかし、原口が素材のもつ表面性や物質性を顕在化させるのに対し、若江はオブジェや写真を組み合わせたインスタレーションによって近代史の表象を試み、方向性は明らかに異なります。
本展では、原口の平面作品と若江の写真、インスタレーション作品を取り上げ、“モノ”に対する両者の違いに注目しジャンルにおいても対照的な展示を行います。時代や社会とのかかわりの中で制作する原口と様々なメディアに展開する若江の活動を通して現代美術のありようをご覧ください。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp
展覧会問合せ先
tel:046-845-1211 fax:046-845-1215
会場住所
〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

■東京・横浜方面からお越しの場合、品川駅もしくは横浜駅から 京浜急行線 がオススメです。
■逗子・鎌倉・藤沢など神奈川県西部からお越しの場合、JR横須賀線 がオススメです。

【京浜急行線をご利用の場合】
・「馬堀海岸」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24、堀24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約10分) 下車、徒歩約2分。
料金:250円 (交通ICカード利用の場合 247円)

・「浦賀」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (浦3、堀25) 終点「観音崎」(約15分)下車、徒歩約5分
料金:220円 (交通ICカード利用の場合 216円)

【JR線をご利用の場合】
・「横須賀」駅 3番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分) 下車、徒歩約2分。
料金:410円 (交通ICカード利用の場合も同じ)

*最寄駅からタクシーをご利用の場合
・京浜急行線「馬堀海岸駅」から約7分 料金1,500~1,600円程度
・京浜急行線「浦賀駅」から約10分 料金1,700~1,800円程度


お車をご利用の場合

・横浜横須賀道路 馬堀海岸ICから 3km (約5分)
・横浜横須賀道路 横須賀ICから 11km (約35分)、本町山中有料道路を経て国道16号を東進

⇒カーナビを利用される方は、まだ登録をされていない場合がありますので、「観音崎京急ホテル (横須賀市走水2-1157-2)」を目的地に設定してください。
美術館は観音崎京急ホテルの斜向かいになります。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/
神奈川県横須賀市鴨居4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索