タイトル等
生誕100年 彫刻家 辻晉堂展
会場
鳥取県立博物館
会期
2010-11-27~2011-01-10
休催日
月曜日(1/10は開館)、12月29日~1月3日
開催時間
午前9時~午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般:1000円(前売り・20名様以上の団体料金800円)
主催者
鳥取県立博物館、読売新聞社、美術館連絡協議会
概要
鳥取県日野郡二部村(現・伯耆町)二部出身の辻晉堂(つじ・しんどう 1910年~1981年)は、第二次世界大戦後、陶などによる斬新な彫刻作品を世に問い、戦後の彫刻界に独自の位置を占めた彫刻家です。2010年が辻の生誕100年にあたることを記念して開催する本回顧展は、その創作の軌跡を各時代の代表作を中心にたどりながら、日本の彫刻史における辻の位置、さらには現代陶芸に辻がもたらしたものについて、今あらためて見つめ直す機会を提供しようとするものです。

大規模な回顧展としては27年ぶりとなる本展では、国内の美術館および個人などが所蔵する代表作を中心とした約120点の作品により、彫刻のありようを常に問い続けた辻の全体像を紹介します。






ホームページ
http://www.pref.tottori.jp/museum/homepage.htm
展覧会問合せ先
0857-26-8042
会場住所
〒680-0011
鳥取県鳥取市東町2-124
交通案内
[JR鳥取駅からバスで]
砂丘・湖山・賀露方面行 「西町」下車 約400m
市内回り岩倉・中河原方面行 「わらべ館前」下車 約600m
ホームページ
http://www.pref.tottori.lg.jp/museum/
鳥取県鳥取市東町2-124
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索