タイトル等
福田平八郎と髙山辰雄
大分市美術館コレクション
会場
ふくやま美術館
会期
2011-01-08~2011-03-06
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
9:30~17:00
観覧料
一般900(700)円、高校生以下無料
※( )内は前売または20名以上の団体料金
主催者
(財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま美術館/福山市教育委員会/大分市美術館/中国新聞備後本社
概要
福田平八郎と辰雄は、福山ゆかりの日本画家、金島桂華、奥田元宋とも縁が深く、今日の日本画壇に大きな足跡を残した日本画家です。
福田平八郎(1892-1974)は、大正期より徹底した写生により物の本質や自然の美しさを、濃厚な質感で写実的に表現し、昭和に入ると、写実に立脚しながら形態を単純化した、平明で装飾的な世界に到達しました。そうした展開の中で、天性の優れた色彩感覚をともなう《鮎》、《紅葉と虹》などの花鳥画や風景画が生み出されました。
また、辰雄(1912-2007)は、戦後、ゴーギャンの生き方に感動し、人間の存在を鋭く追求する重厚な画風を展開しました。《少女》や《雲煙に飛翔》などにおける人物や山々の量塊的な表現や、重層的な空間には、の人間や自然を凝視する高い精神性が感じられます。
本展では、近代の日本画のあゆみに光彩を放った2人の巨匠の足跡を大分市美術館の優れた約90点のコレクションによりたどるものです。
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/
展覧会問合せ先
Tel 084-932-2345 Fax 084-932-2347
会場住所
〒720-0067
広島県福山市西町2-4-3
交通案内
●JR福山駅北口から西へ約400m
●山陽自動車道「福山東I.C」から車で西へ約20分
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-museum/
広島県福山市西町2-4-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索