タイトル等
麻生三郎展
会場
東京国立近代美術館
会期
2010-11-09~2010-12-19
休催日
月曜日
開催時間
10:00~17:00 金曜日は20:00まで
(入館は閉館30分前まで)
観覧料
一般850(600)円、大学生450(250)円、高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
東京国立近代美術館、京都国立近代美術館
概要
絵画の本質を粘り強く探求し続けた画家、麻生三郎(1913-2000)。彼の絵は、一見したところ、とっつきにくいかもしれません。けれども、見れば見るほど、彼の絵は多くを語りかけてきます。時間をかけて、じっくり味わう絵画。その豊かな世界をご紹介します。
東京に生まれた麻生は、初めは前衛的な絵画に関心を持ちますが、1938年ヨーロッパを旅して写実の重要さを再認識します。1943年には靉光や松本竣介らと「新人画会」を結成し、戦時下の困難な状況においても個としての表現を貫きました。そして戦後は、《赤い空》の連作に代表されるような、人間存在の革新に迫る表現を切りひらきました。
麻生の作品に描かれる人体は、周囲の空間に押しつぶされそうになりながらもその存在を主張し、濃密なせめぎあいが画面に生まれます。混沌とした画面から浮かび上がってくるその姿は、人がこの世に存在することのかけがえのなさを、見る者に訴えかけてくるでしょう。
麻生がこの世を去って10年、わかりやすさや表面的にキレイでカワイイものがもてはやされがちな今日だからこそ、その重厚な作品世界を改めて見直してみたいと思います。本格的な回顧展としては実に15年ぶりとなるこのたびの展覧会では、初公開作品を含む油彩、素描、立体あわせて約130点により、その今日的意義を探ります。
ホームページ
http://www.momat.go.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索