タイトル等
日本画家が見た印象派の風景
会場
町立湯河原美術館
会期
2010-07-01~2010-09-27
休催日
水曜日
開催時間
午前9時00分~午後4時30分
(観覧受付は4時まで)
観覧料
大人600円(500円)/小・中学生300円(200円)
( )内は15名以上の団体割引料金
または割引券をご利用の場合
概要
なぜ日本人は印象派が好きなのか、なぜ外国の画家の間で日本趣味が流行ったのか、という疑問を若いころから抱いていた平松画伯は、パリでの個展を機に印象派という「偉大なる怪物」に挑んでみようと決心しました。画家は、「なぜ」をキーワードに長年の思いを検証するべく旅に出ます。
クロード・モネを始めとする印象派の画家たちが活躍したノルマンディ地方を四季折々に訪ねてスケッチを重ね、約3年間の取材ののち「印象派・ジャポニスムへの旅」として成果を発表しました。ジャポニスムシリーズを契機として、日本画の伝統美を再認識した平松画伯の作品は、次第に華麗な装飾性を前面に打ち出すようになっていきます。
油絵への憧れから画家を志しながらも、戦後日本の美術教育が西洋画中心であることに疑問を感じ、その反発心から日本画への道を選んだ平松画伯にとって、この旅は日本画家としての内面を探る旅でもありました。
今回の展示では、ジャポニスムシリーズ初期の作品を中心に、平松画伯が日本画家の眼を通して見た印象派の風景を展示いたします。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/museum/museum01.html
展覧会問合せ先
0465-63-7788
会場住所
〒259-0314
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

JR東海道本線 「湯河原駅」下車
改札を出てすぐの2番バス乗り場から、不動滝、または奥湯河原行きバスで約12分
バス停 「美術館前」下車
(伊豆箱根バス・箱根登山バス)


お車をご利用の場合

東京方面から
西湘バイパス「石橋」インターを降り、国道135号線を伊豆方面へ約20分
「湯河原駅入口」交差点を右折し、道なりに約10分です。
駐車場は美術館の正面玄関から10m進み左折(建物の裏側にあります)

■ 駐車場
駐車場 (15台) 美術館に入館の方は無料
午前9時00分~午後4時30分までご利用できます。
大型バスの駐車場ご利用の際は、事前にご連絡ください。
ホームページ
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kyoiku/museum/
神奈川県足柄下郡湯河原町宮上623-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索