タイトル等
わが心の千葉
会場
千葉市美術館
会期
2010-08-21~2010-09-26
休催日
9月6日(月)
開催時間
10:00~18:00(金・土は20:00まで)
※入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般200(160)円、大高生150(120)円
※()内は30名以上の団体料金
主催者
千葉市美術館
概要
今回、無縁寺心澄(むえんじしんちょう 本名・藤井茂樹1905-45)の作品を中心に、「わが心の千葉」を開催します。
無縁寺心澄は昭和戦前期に千葉市を中心として活動した画家です。1926年に川端画学校を卒業し、主に水彩やテンペラ画を制作していました。28年、第9回帝国美術院展覧会第2期(洋画)に初入選し、30年には日本水彩画会員となりました。画学校卒業後三年ばかりの間は東京の図案会社に勤務していましたが、退職後は制作に取り組むほか、36年に千葉県美術協会の設立に参加、運営に尽力しました。
市内浜野町にお住まいだった無縁寺心澄のいとこにあたる故・白井三郎氏は、おじから託された無縁寺の作品を多数愛蔵しておられました。生前の氏は中学校の美術教師を勤めながら無縁寺の遺作展を開くなど画家の顕彰に努め、美術館開館前の千葉市に1000点近い作品を一括御寄贈くださりました。その大部分が千葉市内を中心とする風景画であり、その画風は対象を大づかみにつかまえ、速い筆の運びで一気に仕上げている作品に端的に現れています。
無縁寺が千葉を描いていたちょうどその頃、田中一村が千葉に住んでいました。今回は市内外から来館してくださる皆様に、無縁寺の作品によって一村が住んでいた頃の千葉とはどのような土地であったかをご紹介すると共に、終生千葉で制作を続けた画家の存在を広く知っていただきたく、今回の所蔵作品展を企画しました。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索