タイトル等
メカデザインFOR1/1 メカニックデザイナー大河原邦男
会場
愛媛県美術館
会期
2010-07-24~2010-09-06
休催日
月曜日(ただし8/2・9/6は開館)、8/3
開催時間
9:40~18:00 (入室は17:30まで)
主催者
「大河原邦男展」実行委員会(愛媛県、あいテレビ)
概要
1960年代に誕生した日本のTVアニメは、その後急速な発展を遂げ、今日では日本を代表するメディア芸術の一つとなっている。なかでも重要な位置を占めているのが、いわゆるロボットアニメである。1970年代、『マジンガーZ』の放映を契機に、ロボットアニメの一大ブームが起こった。制作現場においては、作品中に登場するロボットなどのメカをデザインする“メカニックデザイナー”という専門職が誕生する。大河原邦男は、日本で初めて“メカデザイナー”として認知された人物である。
大河原は、『科学忍者隊ガッチャマン』の敵メカのデザインを皮切りに、『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』や『無敵鋼人ダイターン3』などの作品を手がけ、『機動戦士ガンダム』で、アニメ業界の潮流を変えるほどのメカを生み出し、80年代のリアルロボットアニメブームへとつながっていく。それまで「子ども向け」であったロボットアニメが大人の鑑賞を想定したのものに変化していた。 デビューから30数年。いまなお第一線で活躍するデザイナー、大河原邦男。
本展展覧会「メカデザイン FOR1/1」では、彼の創作の歴史とデザインの思想を、代表作品の原画や設定資料、プラモデル・玩具を通じて紹介。メカデザインの魅力を体感できる展覧会である。
ホームページ
http://www.ehime-art.jp/
展覧会問合せ先
TEL:089-932-0010
会場住所
〒790-0007
愛媛県松山市堀之内
交通案内
・JR松山駅前より道後温泉または市駅前行き市内電車で5分
「南堀端 愛媛県美術館前」下車 徒歩1分
・松山観光港より、リムジンバスで30分。「市駅」下車 徒歩5分
・松山空港より車で約15分
ホームページ
http://www.ehime-art.jp/
愛媛県松山市堀之内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索