タイトル等
ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ
会場
静岡市美術館
会期
2010-10-02~2010-11-28
休催日
月曜日(ただし10月11日は開館、翌12日は休館、11月22日は臨時開館 )
開催時間
10:00~19:00(展示室入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般 1,200円(1,000円)/大高生・静岡市内70歳以上 800円(600円)/中学生以下無料
*( )内は前売および20名以上の団体料金
*障害者手帳等をご持参の方および介助者1名は無料

主催者
静岡市、静岡市美術館 指定管理者(財)静岡市文化振興財団、静岡新聞社・静岡放送、公益財団法人 ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
概要
2010年5月、静岡駅北口に静岡市美術館が新たに開館しました。これまでトークイベントやワークショップなどを実施してきましたが、この「ポーラ美術館コレクション展―印象派とエコール・ド・パリ」の開催をもってグランドオープンを迎えます。
開館記念展となる本展では、箱根仙石原のポーラ美術館の珠玉のコレクションの中から、印象派とエコール・ド・パリの名品74点を紹介します。
「印象派」のセクションでは、モネ、ルノワール、ピサロら印象派を代表する画家をはじめ、彼らが行った絵画の革命から、さらに新しい境地を切り拓いていったセザンヌ、スーラ、ルドンなどが登場します。つづく「エコール・ド・パリとピカソ」では、ピカソの青の時代の傑作≪海辺の母子像≫や、モディリアーニ、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、シャガールなど世界各地の画家が集い、20世紀初頭にパリで花ひらいた多様な表現を紹介します。
ポーラ美術館のコレクションを築きあげたのは、静岡市発祥の企業であるポーラ・オルビスグループの2代目オーナー鈴木常司(すずきつねし 1930-2000)でした。彼が静岡市内のデパートでレオナール・フジタの≪誕生日≫を購入したことが、40年以上にわたるコレクターとしての人生を歩むきっかけとなりました。本展では、このフジタの作品が特別に出品されます。
このように、静岡市とも大変ゆかりの深いポーラ美術館のコレクションを、新しく誕生した静岡市美術館でどうぞお楽しみください。
ホームページ
http://www.shizubi.jp
展覧会問合せ先
054-273-1515
会場住所
〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
交通案内
○ 電車
JR 静岡駅北口より 地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道 新静岡駅より 徒歩5分

○ 新幹線
東京駅・名古屋駅から 東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から 東海道新幹線ひかり号で約2時間

○ 車
東名 静岡ICより 約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。

○ 空路
富士山静岡空港より 静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間
ホームページ
http://www.shizubi.jp/
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索