タイトル等
神通川船橋
近世富山町の町づくりと交通
会場
富山市郷土博物館
会期
2010-04-24~2010-06-13
休催日
5月10日(月)
開催時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
観覧料
一般 200(160)円、小中学生 100(80)円
※土・日曜日、祝祭日は、中学生以下は無料。
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
富山市郷土博物館
概要
神通川船橋は、単に川を渡るためのものではありませんでした。船橋ができるまでの北陸道は、木町から船渡しで対岸に向かっていました。これに対し、船橋が富山城の西側に架設されたことによって、北陸道は城の南から西に廻りこむこととなり、市街地の拡大などをもたらしました。このことからも、神通川船橋は、近世の富山の町づくりに大きな役割を果したといえるでしょう。
今回、神通川船橋について、その歩みなどとともに、その雄大な規模・景観から全国的な名所となったことについても紹介します。
ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/index.html
展覧会問合せ先
富山市郷土博物館 電話076(432)7911
会場住所
〒930-0081
富山県富山市本丸1-62 (富山城址公園内)
交通案内
■JR・あいの風とやま鉄道 「富山駅」 南口より 徒歩10分
■北陸自動車道 「富山IC」より 富山市街方面へ 車で15分
※ 高山(たかやま) 方面と見間違えやすいので、ご注意ください。
■富山空港より 富山駅連絡バスで20分(城址公園前 下車) 徒歩2分
■富山地方鉄道 市内電車環状線 「国際会議場前」下車 徒歩2分
■富山地鉄バス 「城址公園前」下車 徒歩2分、「総曲輪」下車 徒歩4分
■市内周遊ぐるっとBUS 「城址公園」下車 徒歩2分

※富山駅前行きのバスは、「総曲輪」あるいは「荒町」に停車する路線は、「城址公園前」には停車しません。富山駅前から乗車された場合は「城址公園前」に停車します。
ホームページ
http://www.city.toyama.toyama.jp/etc/muse/index.html
富山県富山市本丸1-62 (富山城址公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索