タイトル等
特別展 華麗なる能装束 稔りの季
会場
シルク博物館
会期
2010-06-01~2010-08-29
休催日
月曜日(ただし7月19日(月)は開館)、7月20日(火)
開催時間
午前9時~午後4時30分まで(入館は4時まで)
観覧料
一般500円、65歳以上300円、高大生200円、小中生100円
概要
世界で一番古い舞台芸術ともいえる「能」は中国から渡来して散楽、日本の猿楽など様々な芸能、踊り、歌などが混ざり合って室町時代に世阿弥、観阿弥親子によって集大成され、「能楽」として完成したといわれています。
「能楽」は親から子へ、師匠から弟子へ約650年間にわたり脈々と伝承された演劇として、ユネスコの第一回「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」(世界無形遺産)に指定され、日本を代表する古典芸能として世界的にも高い評価を得ています。
本展では江戸期の能装束を復原した山口能装束研究所の能装束の中から豊かな「稔り」を象徴する日本の四季折々の植物意匠作品を中心に華麗な能装束約45 点を一堂に展示紹介いたします。
日本の伝統芸能、「能」を身近に感じながら、日本の四季の移り変わりの豊かさと美しさ、能装束の美しさを堪能し、さらに伝統ある絹染織文化を楽しんでいただくことを目的とします。
ホームページ
http://www.silkmuseum.or.jp/
展覧会問合せ先
045-641-0841
会場住所
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町1 シルクセンター2階
交通案内
【みなとみらい線】
日本大通り駅下車 3番出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.silkcenter-kbkk.jp/museum/
神奈川県横浜市中区山下町1 シルクセンター2階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索