タイトル等
冷泉家 王朝の和歌守展
会場
京都文化博物館
会期
2010-04-17~2010-06-06
休催日
月曜日(ただし5月3日は開室)、5月11日(火)は展示替えのため臨時に休室します。
開催時間
午前10時-午後6時 ※金曜日は午後7時30分まで(
入室はそれぞれ30分前まで)
観覧料
一 般:1,200(900)円
大高生: 800(600)円
中小生: 500(350)円
※( )内は20名以上の団体料金。
主催者
京都府、京都文化博物館、財団法人冷泉家時雨亭文庫、朝日新聞社、朝日放送
概要
和歌~やまとうた~は日本の文芸の首座を占め続けてきました。なかでも天皇や院の命で編まれる勅撰和歌集の撰者になることは、歌人にとってこの上ない名誉でした。
冷泉家は、平安・鎌倉時代の歌人で勅撰和歌集の撰者となった藤原俊成、定家、為家を祖にもち、歴代が宮廷や武家の歌道師範をつとめた家柄です。京都御所にほど近い同家の蔵には、800年の伝統のなかで蓄積された、勅撰集、私家集、歌学書、古記録などが収められています。それらの書物は「冷泉家時雨亭叢書」として刊行され、全84巻が完結しました。これを機に、守り伝えられた古典籍の精髄を一堂に会し、これまでにない規模で展覧します。
藤原俊成筆『古来風躰抄』、定家筆『古今和歌集(嘉禄二年本)』『後撰和歌集(天福二年本)』『拾遺愚草』『明月記』の国宝5点をはじめ、300点以上の重要文化財を前・後期に分けて公開します。美しい料紙と流麗なかな文字の取り合わせがみごとな平安時代の装飾本や、華やかに表装された天皇直筆の書「宸翰」が、みやびな王朝美の世界へと誘います。
ホームページ
http://www.bunpaku.or.jp
展覧会問合せ先
京都文化博物館Tel.075-222-0888
会場住所
〒604-8183
京都府京都市中京区三条高倉
交通案内
地下鉄「烏丸御池駅」下車、徒歩3分
阪急「烏丸駅」下車、徒歩7分
京阪「三条駅」下車、徒歩15分
JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
市バス「堺町御池」下車、徒歩2分
ホームページ
http://www.bunpaku.or.jp
京都府京都市中京区三条高倉
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索