タイトル等
ロシアの夢 1917-1937
会場
岡崎市美術博物館(マインドスケープ・ミュージアム)
会期
2010-01-30~2010-03-28
休催日
月曜日(ただし3月22日[月・祝]は開館、翌23日[火]休館)
観覧料
一般1,000(800)円/小中学生500(400)円
*( )内は20名以上の団体料金。
*岡崎市内の小中学生は無料。
*各種障がい者手帳の交付を受けている方及びその介助者は無料。
いずれもチケット売場にて手帳の提示をお願いします。
主催者
岡崎市美術博物館
概要
20世紀はじめ、ロシアでは、伝統的な芸術を打ち破ろうとするラディカルな芸術革命が起ります。1912年に『社会の趣味への平手打ち』で鮮烈なデビューを果たした未来派詩人ウラジーミル・マヤコフスキー、1915年にいち早く抽象画を発表し、「スプレマチズム」を展開した画家カジミール・マレーヴィチ、また同年、抽象的な造形物「反レリーフ」を発表したウラジーミル・タトリン。彼らに始まる動きは、1917年、ロシア革命を機に新たな局面を迎えます。芸術の革命は、政治の革命に同調し、多くの芸術家が、新国家建設の夢に邁進することになるのです。プロパガンダを目的としたロスタの窓のポスターや陶磁器のデザインは、その端緒と言えるでしょう。さらに20年代には、市場経済の一部導入に伴い、映画や商品広告のポスターが数多く生まれ、また絵本や雑誌、舞台美術や建築など、より広範な分野を通して、新国家の理想の姿が描き出されるようになりました。
しかし、スターリン体制が確立され、五カ年計画が始まる1928年以降、芸術家たちは、増産や工業化を訴えるポスターや雑誌、テキスタイルの制作に携わる一方、創造的な活動を厳しく制限されるようになります。1934年には、「社会主義リアリズム」が芸術の絶対規範とされるなか、アヴァンギャルドは容赦ない批判にさらされることになりました。
そして皮肉にも革命20周年となる1937年、ロシア史上最大の粛清が行われると、以後多くの芸術家がその犠牲となり、アヴァンギャルドの抱いた革命の夢は、終わりを迎えたのでした。
本展覧会では、この激動の時代を、ポスターや雑誌、絵本から陶磁器、テキスタイル、舞台美術や建築エスキースなどの多彩な作品と、当時の写真資料を通してご紹介します。
ホームページ
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
展覧会問合せ先
0564-28-5000
会場住所
〒444-0002
愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
交通案内
飛行機

中部国際空港(セントレア)から
空港バスにて名鉄「東岡崎駅」まで約70分
または、
名鉄電車(特急)にて名鉄「東岡崎駅」まで約70分(神宮前駅にてのりかえ)

「東岡崎駅」からはバス・タクシーでの行き方をご覧ください。


電車・バス

名鉄「東岡崎駅」から

名鉄「東岡崎駅」北口バスのりば2番より【中央総合公園行】に乗車、【美術博物館】下車(370円)、徒歩3分。
(補足) 土曜日・日曜日・祝日は1番のりば「おかざきエクスプレス(岡崎拠点快速バス)」もご利用できます。(370円)

JR「岡崎駅」から

JR「岡崎駅」バスのりば2番または1番【おかざきエクスプレス】に乗車、【東岡崎駅】下車(230円)、のりかえ。名鉄「東岡崎駅」北口バスのりば2番より【中央総合公園行】に乗車、【美術博物館】下車(370円)、徒歩3分。
(補足)土曜日・日曜日・祝日は「おかざきエクスプレス(岡崎拠点快速バス)」にて直行。JR「岡崎駅」バスのりば1番【おかざきエクスプレス】に乗車、【美術博物館】下車(530円)、徒歩3分。


タクシー

名鉄「東岡崎駅」から15分
JR「岡崎駅」から25分


お車

東名高速道路・国道1号線から
東名・岡崎インターを出て豊橋方面へ向かいます。
国道1号線を直進し、1つ目の信号「大平町新寺」交差点を左折、直進します。
モニュメントのある「市民病院東」交差点を右折。岡崎中央総合公園に入ります。
公園内からは看板が出ています。
ホームページ
http://www.city.okazaki.aichi.jp/museum/bihaku/top.html
愛知県岡崎市高隆寺町峠1 岡崎中央総合公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索