タイトル等
<仏>胎内の世界 -餘慶寺千手観音納入品-
会場
岡山県立博物館
会期
2010-05-27~2010-06-27
休催日
月曜日(祝日の場合はその翌日)
開催時間
午前9時~午後6時
概要
瀬戸内市上寺山餘慶寺本堂(観音堂)の本尊千手観音立像は、その像容から室町時代の作と考えられ、秘仏として大切に祀られてきました。
このたび餘慶寺では、お寺や地元の方々が主体となり学識経験者と協力し、千手観音立像を後世に伝えていくために修理しました。その結果、胎内から約400年前の江戸時代の修理記録や五穀をはじめとする多くの納入品が発見され、大きな話題となりました。
その後継続してコメのDNA分析や金属の化学的分析などの調査・研究が進められた結果、興味深い事実が明らかになってきました。今回はこうした情報も加えながら、速報的に展示を行います。
仏像を守り伝えてこられた多くの人々の思いが込めら
れている納入品の世界を是非御覧ください。
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
展覧会問合せ先
TEL:086-272-1149(代表)/086-272-1178(学芸課直通)
会場住所
〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
交通案内
■ JR岡山駅(東口)から
・徒歩 (約30分)
・路面電車 (約5分)【東山行き】城下 下車 徒歩15分
・バス (岡山駅バスターミナル1番のりば) 岡電バス<後楽園ノンストップバス>10~15分 宇野バス<岡山後楽園バス>10~15分 岡電バス<藤原団地行き>約20分 いずれも「後楽園前」下車すぐ

■お車でお越しの場合
山陽道岡山インターより市街地方面約15分
ホームページ
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm
岡山県岡山市北区後楽園1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索