タイトル等
震災から15年
会場
芦屋市立美術博物館
会期
2010-01-05~2010-02-21
休催日
月曜休館、ただし1月11日(月・祝)は開館、翌12日(火)休館
観覧料
一般300(240)円、大高生200(160)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料
※同時開催中の展覧会観覧料も含む
主催者
芦屋市立美術博物館
概要
未曾有の大災害となった阪神・淡路大震災からまもなく15年をむかえます。
月日が過ぎ、震災を知らない世代が年々増えるなか、そうした若い世代の人たち、あるいは復興後に阪神間に移り住んだ人たちに当時の状況を知ってもらい、震災の記憶を後世に語り継ぐ機会となることを目的とした記録写真展を開催します。
震災直後から、復興過程、そして現在まで、立場の異なる様々な視点の写真約700点から阪神・淡路大震災にまつわる「市内の情景」を伝えます。
本展が震災の記憶を後世へとつなぐ機会となるとともに、いつ起こるやも知れない自然災害に対する日々の防災意識の向上に役立つ機会となれば幸いです。
ホームページ
http://www.ashiya-web.or.jp/museum/
展覧会問合せ先
tel 0797-38-5432
会場住所
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
交通案内
◆電車の場合
1: 阪神芦屋駅から 徒歩約15分

2: 阪神芦屋駅・JR芦屋駅・阪急芦屋川駅から
阪急バス「新浜町行き」または「芦屋市総合公園前行き」(31・32・35・36・131系統)乗車、「緑町 (美術博物館前)」停留所下車
(バスのりば)
・阪神 芦屋駅―南側2番のりば
・JR 芦屋駅―北側5番のりば
・阪急 芦屋川駅―南側5番のりば
ホームページ
http://ashiya-museum.jp/
兵庫県芦屋市伊勢町12-25
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索