タイトル等
ポーラ美術館コレクション展 印象派とエコール・ド・パリ
会場
横浜美術館
会期
2010-07-02~2010-09-04
休催日
木曜日
開催時間
10:00~18:00、金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料
一般1300(1200)円、高大生800(700)円、中学生400(300)円、小学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
横浜美術館、TBS、神奈川新聞社、tvk、財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
概要
2002年9月、箱根仙石原に開館したポーラ美術館は、西洋絵画、日本洋画や日本画、アール・ヌーヴォーを中心としたガラス工芸、化粧道具、東洋陶器など約9500点におよぶコレクションを有する私立美術館です。なかでも、19世紀後半の印象派から20世紀にいたるヨーロッパの近代絵画は、国内随一ともいえる質の高さを誇ります。本展は、そのすぐれた作品群から、印象派とエコール・ド・パリに焦点をあて、74点の名品を選りすぐってご紹介するものです。
第1章「印象派」は、モネ、ルノアール、ピサロら印象派の代表的な画家をはじめ、その結果からさらに新しい境地を切り拓いていったセザンヌ、スーラ、ルドンなどの作品36点で構成されます。つづく第2章「エコール・ド・パリとピカソ」では、モディリアーニ、シャガール、レオナール・フジタ(藤田
嗣治)など世界各地の画家が集い、20世紀初頭にパリで花ひらかせた多様な表現を、38点の絵画で紹介します。なかでも、ピカソの《海辺の母子像》は、ポーラ美術館が開館以来門外不出としてきた「青の時代」の傑作です。
この珠玉のコレクションは、ポーラ・グループの前オーナー、鈴木常司によって築き上げられました。ひとりの企業人の美術への深い愛情と審美眼が形成したコレクションが公立の施設である横浜美術館で紹介されることは、本展のひとつの隠し味です。展覧会会場からつづけて横浜美術館コレクション展をご覧いただき、両者の対比をとおして、「私」と「公」の美術・文化へのアプローチのちがい、各々の特質を感じていただければと思います。同時に、そのいずれもが、文化によって社会を豊かにしようとする強い意志を共有していることも、浮き彫りにされることでしょう。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
展覧会問合せ先
045-221-0300
会場住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
交通案内
1. 電車
みなとみらい線 (東急東横線直通) 「みなとみらい」駅 <3番出口>から、マークイズみなとみらい<グランドガレリア>経由 徒歩3分、または<マークイズ連絡口>(10時~)から徒歩5分。
JR (京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から<動く歩道>を利用、徒歩10分。

2. バス
桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。

3. 車
桜木町駅前から日本丸方面へ入る。または桜木町駅前から紅葉坂交差点を右折してMM21地区へ入り、美術館へ。
横浜駅からは高島町MM21地区入口を通って美術館へ。
いずれも3~5分 (首都高「みなとみらい出入口」も利用できます)。

4. 自転車・自動二輪車
横浜美術館には自転車・バイクの駐輪場がございません。周辺の有料駐輪場をご利用ください。
ホームページ
http://www.yaf.or.jp/yma/
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索