タイトル等
開館記念特別展Ⅲ 大観と栖鳳
―東西の日本画―
会場
山種美術館
会期
2010-02-06~2010-03-28
休催日
月曜日(但し、3/22は開館、翌火曜日休館)
観覧料
一般1200円(1000円)・大高生900円(800)円・中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
※障害者手帳ご提示の方、およびその介護者(1名)は無料
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
概要
横山大観と竹内栖鳳は、「東の大観、西の栖鳳」と並び称せられ、明治以降の日本画の革新をリードしてきました。日本画壇の双璧、東京画壇と京都画壇の総帥、狩野派と円山四条派、東京美術学校と京都府画学校というように、常に対比されることの多い二人は、一画家としてのみならず指導者として重要な役割を果たしました。
本展覧会では、明治、大正、昭和を通じて、東京と京都のそれぞれの伝統の上に立ちながら、日本画の革新に努めた二人の画家の画業を振り返るとともに、その周辺の画家たちの作品も展観します。東京画壇からは、大観の師である橋本雅邦、盟友である下村観山や菱田春草、院展の小林古径、安田靫彦、前田青邨らの作品を、京都画壇からは、菊池契月や栖鳳の私塾である竹杖会の作家―上村松園、西村五雲など、京都府画学校の教え子―村上華岳、福田平八郎らの作品を展示いたします。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.or.jp
展覧会問合せ先
03-3239-5911
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索