タイトル等
モネ・ルノワールと印象派・新印象派展
会場
松岡美術館
会期
2010-04-25~2010-09-26
休催日
月曜日(祝日の場合は翌日、※ただし5月3日、4日、5日は開館、5月6日は休館。
開催時間
午前10時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般800円 /65歳以上・障害者700円 /中高大生500円
【20名以上の団体は各100円引】
概要
19世紀後半のフランスでは、豊かな近代市民社会が成熟するに従い、従来の神話画、歴史画といった伝統的な絵画に代わり、個性溢れる芸術家たちによって、同時代の市民をとりまく現実の風景、風俗を題材とした新しい絵画表現が創造されていきます。そうした近代絵画の成立と展開に最も大きな役割を果たしたのが、印象派の画家たちでした。1874年第1回印象派展に参加したモネ、ピサロ、ルノワール、シスレーなどの画家たちは、自然の中から直接学び、太陽のきらめきをキャンバスに写して光の魅力にみちた新しい色彩表現を生み出していきます。彼らの創造した芸術は、以後の20世紀へと続く画家たちにも大きな影響を及ぼしました。
本展では、館蔵のフランス近代絵画コレクションより、印象派の先駆者ブーダンや、モネ、ルノワール、シスレー、ピサロら印象派の画家たちをはじめ、印象派以後に新しい絵画表現を試みたシニャック、クロッスなどの新印象派の作品を展観し、19世紀後半から20世紀初頭にかけて展開したフランス近代絵画の魅力をご紹介するものです。
ホームページ
http://www.matsuoka-museum.jp/
展覧会問合せ先
Tel.03-5449-0251
会場住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-12-6
交通案内
■東京メトロ地下鉄南北線・都営地下鉄三田線「白銀台駅」1番出口から徒歩7分
■JR「目黒駅」東口から徒歩15分
■都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば 黒77:千駄ヶ谷駅行 橋86:東京タワー行・新橋駅行「東大医科研病院西門」下車
ホームページ
http://matsuoka-museum.jp
東京都港区白金台5-12-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索