タイトル等
国宝の名刀-徳川将軍家ゆかりの刀剣-
会場
ふくやま美術館
会期
2010-06-19~2010-07-19
休催日
月曜日 ※7/19(月)は開館します。
開催時間
9:30~17:00
観覧料
一般共通券540円、一般300円(240円) 高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
(財)ふくやま芸術文化振興財団ふくやま美術館/福山市教育委員会/中国新聞備後本社
概要
2007年、ふくやま美術館は国宝7口・重要文化財6口の刀剣の寄託を受けました。このたび、これらの貴重な文化財が登録美術品に登録されることを記念し、およそ2年半ぶりに一堂に展示いたします。
このコレクションは、最も日本刀が発展を遂げた平安時代から南北朝時代にかけて相模・山城・備前・筑前の名工たちが制作したものです。なかには、蒲生氏郷の愛刀で加賀前田家、そして五代将軍・徳川綱吉へと伝えられた《短刀 銘国光 (名物会津新藤五)》(国宝)や、豊臣秀吉の指料でやがて二代将軍徳川秀忠の手に渡った《短刀 銘左/筑州住》(国宝)のように、その由緒を桃山時代まで辿ることができる名品もあります。また徳川将軍家に相伝した備前一文字派の傑作《太刀 銘吉房》(《太刀 銘則房》(いずれも国宝)や、柳沢吉保が徳川綱吉から下賜された《刀 無銘伝来国光》(重要文化財)など徳川家に有縁の名刀を多く含みます。
曲線的な姿形、刃文、鍛え肌などに美を見出し、賞玩されてきた鉄の芸術を13口の名刀でご紹介します。
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/fukuyama-museum/
展覧会問合せ先
Tel 084-932-2345 Fax 084-932-2347
会場住所
〒720-0067
広島県福山市西町2-4-3
交通案内
●JR福山駅北口から西へ約400m
●山陽自動車道「福山東I.C」から車で西へ約20分
ホームページ
http://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/site/fukuyama-museum/
広島県福山市西町2-4-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索