タイトル等
わたしが選んだ いわさきちひろ展
~こどもたちへのまなざし~
会場
ひろしま美術館
会期
2010-07-24~2010-08-29
休催日
無休
開催時間
午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
※7月24日は午前10時より開会式。終了後開場します。
観覧料
一 般 =1,000円(800円) シニア=500円 高大生=700円(500円) 小中生=400円(200円)
※( )内は、前売り及び団体(20名以上)の料金。
※シニアは65歳以上の方(年齢確認のできるものをご提示ください)。
※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名が無料になります。
※コレクション展(フランス近代美術)もご覧いただけます。

主催者
公益財団法人ひろしま美術館/ちひろ美術館/広島ホームテレビ/中国新聞社
概要
いわさきちひろ(1918-74年)は、「子ども」を生涯のテーマとして描き続けた画家です。子どもたちのいきいきとした動きやかわいらしい仕草、肌の弾力感や繊細な心まで映し出した表情からは、画家としての鋭い観察力と同時に、一児の母親でもあったちひろの愛情に満ちたまなざしも感じられるでしょう。
ちひろは、みずみずしい生命力に満ちた子どもたちの姿を描く一方で、戦禍にさらされ苦難の中で生きる子どもたちの姿も描いています。『わたしがちいさかったときに』は、広島で被爆した子どもたちの手記に絵を描いた絵本です。自らも戦争を体験したちひろは、作品を通して命の大切さを語り、「世界中の子どもみんなに平和としあわせを」という願いを伝え続けました。
本展では、ちひろ美術館が所蔵する作品の中から、代表的な子どもを描いた作品や、絵本原画、素描、スケッチ等、125点を展示します。西洋で発達した水彩画に、東洋の水墨画のにじみやぼかしといった絵画技法を生かしたちひろ独自の絵画表現もお楽しみいただけることでしょう。また、事前に募集したちひろ作品への皆様からのメッセージも作品とともにご紹介します。
ホームページ
http://www.hiroshima-museum.jp/
展覧会問合せ先
TEL 082-223-2530
会場住所
〒730-0011
広島県広島市中区基町3-2 中央公園内(リーガルロイヤルホテル北側)
交通案内
■バス「紙屋町」、市内電車「紙屋町西」または「紙屋町東」下車 徒歩5分

■アストラムライン「県庁前」下車 徒歩2分

■ひろしま めいぷる~ぷ「ひろしま美術館前(市民病院前)」下車
ホームページ
http://www.hiroshima-museum.jp
広島県広島市中区基町3-2 中央公園内(リーガルロイヤルホテル北側)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索