タイトル等
勅使河原蒼風と戦後美術
会場
千葉市美術館
会期
2010-07-06~2010-08-15
休催日
8月2日(月)
開催時間
10:00~18:00(毎週金・土は20:00まで)
※入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般200(160)円、高大生150(120)円
※( )内は団体30名以上の料金
※千葉市内在住60歳以上の方及び小中学生、同時開催「MASK-仮の面」入場者は無料
主催者
千葉市美術館
概要
わが国における1945年以降の芸術を振り返るとき、草月流の創始者である勅使河原蒼風(1900-79)の活動とその足跡は、単にいけばなの世界に止まるものではありません。その姿は、時にみずからの書や彫刻を世界に問う造形作家として、またある時には同世代や若いアーティストたちの活動の支援者として、今日まで記憶されています。
本展は、財団法人草月会より寄託された作品を基に当館の所蔵作品を加え、蒼風の平面作品を中心とする展示の二部構成、約60点により、戦後日本美術の一断面を紹介するものです。
第二次世界大戦後の現代芸術を牽引した国内外のアーティストたちと、豪放にして繊細、豊饒と枯淡を兼ね備えた蒼風の作品群は、今日の日本文化がいかに多様であり、かつ奥深いものであるかをわたしたちに語りかけています。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/
展覧会問合せ先
千葉市美術館 043-221-2311
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索