タイトル等
上村松園展
会場
京都国立近代美術館
会期
2010-11-02~2010-12-12
休催日
月曜日※ただし、11月22日(月)は開館、11月24日(水)は休館
開催時間
午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

観覧料
一般1300円、大学生900円、高校生400円、中学生以下無料
主催者
京都国立近代美術館、日本経済新聞社、京都新聞社
概要
上村松園(1875-1949)は京都に生まれ育ち、鈴木松年をはじめ幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事し、文展を主な活躍の舞台として、高い気品の漂う人物がを制作しました。松園の作品は美人画というくくりで語られがちですが、風俗的なものを中心に、歴史画、訓戒画、謡曲に取材したもの、母を追慕したものなどその内容は多様です。そこには、市井の人々の日々の営みに注がれる松園のあたたかな眼差しと、対象に対する強い想いが感じられるとともに、対象から徹底的に距離を置くことで、俗に陥ることのない厳しささえ漂います。それは、近世初期風俗画や浮世絵などの人物画のあり方を模索した松園の足跡でもあります。
この展覧会では、明治から昭和まで、《焔》(1918年)、《母子》(1934年)、《砧》(1983年)をはじめとする代表作約100点によって松園の画業を回顧するとともに、松園芸術の本質を改めて探ります。

期間中、作品の一部展示替があります。
前期:11月2日~23日
後期:11月25日~12月12日
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
展覧会問合せ先
代表:Tel.075-761-4111 テレホンサービス:Tel.075-761-9900
会場住所
〒606-8344
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
交通案内
□JR~バスをご利用の方
■JR・近鉄京都駅前(A1のりば)から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■JR・近鉄京都駅前(D1のりば)から
市バス100番(急行) 銀閣寺行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□阪急電鉄・京阪電鉄~バスをご利用の方
■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪三条駅から
市バス5番 岩倉行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

■阪急烏丸駅・河原町駅、京阪祇園四条駅から
市バス46番 平安神宮行
「岡崎公園 美術館・平安神宮前」下車すぐ

□市バス他系統ご利用の方
「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」下車徒歩5分
「東山二条・岡崎公園口」下車 徒歩約10分

□地下鉄ご利用の方
地下鉄東西線「東山」駅下車 徒歩約10分


□お車でお越しになる方
当館には、一般のお客様にご利用いただける駐車場がございません。
近隣の有料駐車場施設のご利用をお願いいたします。

有料入館者は、駐車券を持参いただくと駐車場の割引(1台1名)が受けられます。ご来館の際、1F受付に駐車券をお持ちください。
※割引は合計より200円引きとなります。
ホームページ
http://www.momak.go.jp/
会場問合せ先
京都国立近代美術館:Tel.075-761-4111
テレホンサービス(展覧会のご案内):Tel.075-761-9900
京都府京都市左京区岡崎円勝寺町
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索